オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根の屋根点検を日置市伊集院町にて行いました。


先日スレート屋根の外装現地調査に行ってきました。


屋根全体図
スレート屋根30年
屋根全体図の写真になります。
屋根はスレート屋根が使われていますが、遠くからみても棟板金部分に錆が発生しており、
全体的に汚れやコケが発生し屋根材自体も劣化しているのがわかります。


スレート屋根 欠け部分
屋根材自体にひび割れは見られませんでしたが、いくつか欠けている部分が見られました。

棟板金 サビ
スレート屋根棟板金 劣化
棟板金に錆が発生しております。
棟部分からの雨漏れ発生は多くみられますので、要注意です。

スレート屋根 もらい錆
棟板金の錆部から発生した錆が屋根材についています。
見た目が悪いだけではなく、屋根材の劣化にも繋がりますので
もらい錆が発生する前にしっかりと補修を行う必要があります。
スレート屋根 棟の劣化
釘浮き
スレート屋根 棟傷み
釘抜
板金を止めている部分の釘が浮いてきているのがわかります。
強風が吹いたり小さな地震により揺れたりすることで長年続くことにより釘浮きが起りますが、これを放っておくと右の写真のように釘が外れてしまいます。

このように釘浮きや釘が外れた部分から内部に水が侵入してしまいます。
またこの釘浮きは雨漏れの危険だけではなく、近隣に被害を与えてしまう可能性も出てきてしまいます。
板金は釘で固定されているので、その釘が外れたり外れかけたりしてしまうと台風などの強風や大雨で棟板金が外れて飛ばされてしまいます。
そのため、台風シーズン前にはしっかりと確認をすることをオススメします。



同時に壁の外壁部分の傷みも調査しました。

本日の調査をもとに修繕のためのお見積りを作成していきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟板金工事

鹿児島市の台風災害の現地調査の様子をご紹介します。今回の家は2階建てのコロニアルが施工されている屋根になります。屋根はなかなか確認ができずに見える発見が遅れてしまうこともあります。今回は板金が落ちている所を発見しました。

鹿児島市の塗装工事高圧洗浄の様子

先日の台風10号での屋根被害はまだまだお問い合わせが絶えませんが、同時に屋根の塗装工事も行っていきます。今回は平屋のコロニアル屋根を行っていきました。まずは高圧洗浄の様子をご紹介していきたいと思います。

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755