オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

鹿児島市の屋根調査で発覚!塗膜の剥がれと漆喰の剥がれ


先日行った屋根の調査の様子をご紹介します。

今回は2階建てのセメント瓦が使用されておりました。
実際の様子を見ていきましょう。
セメント瓦屋根
こちらが実際の2階屋根の様子です。

遠くから見てもところどころ塗膜が剥がれていることが分かりました。
実際に近くで確認していきます。

瓦屋根の塗膜の剥がれ
こちらが塗膜の剥がれが発見できた部分です。

ところどころ大きな範囲で剥がれが見受けられました。

セメント瓦のコケ発生
また、瓦の小口部分はコケが生えてしまっていました。
以前の塗装から年数が経過していると、このようにコケが発生していることはよくあることです。

しっかりと高圧洗浄で洗い流し塗装を行います。

瓦屋根漆喰の剥がれ
また、屋根に漆喰の欠片が落ちていました。

漆喰は棟部分に使われております。
ココから剥がれ落ちたようです。

漆喰は20年~30年で詰め直しをする必要があります。
ところどころ漆喰の剥がれが見受けられましたので、漆喰の詰め直しを
ご提案させて頂きます。

雨漏れを事前に防ぐためにもとても重要です。

破風部分の剥がれと釘浮き
破風と瓦の状態です。
破風は塗膜が剥がれてボロボロの状態です。

しっかりと既存の塗膜を剥がして手直しする必要がありますが、
放っておくと雨漏れにつながる危険性もあります。

また瓦を固定している釘が浮いてきていることが分かります。
長い年月をかけて釘が浮いてくることがあり
完全に外れてしまうこともあります。

気づいたときに補修することが大切です。


今回の現調の様子は以上になります。
ありがとうございました。

あわせて読みたい記事

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦屋根のリフォーム工事

鹿児島市田上にて屋根の雨漏れ補修工事を行っております!今回行った屋根補修の家はこちらです。

板金交換が必要な部分

鹿児島市にて以前屋根の点検を行った屋根調査の様子をご紹介します。今回屋根の板金が外れおり、落ちていた板金を確認して婚外ご連絡を頂きました。

屋根漆喰の劣化

鹿児島市にて家の外装診断の依頼があり、先日調査へ行ってきました!今回は屋根と雨樋を調査している所をご紹介します。今回は築35年程度の瓦屋根のお家になります。実際の屋根の劣化が見られた部分はこちらです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755