オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根・外壁塗装工事 ~コーキング補修工事~ in南新町


こんにちは!
街の屋根やさん鹿児島店では先日、外壁・屋根の塗装工事を行いました。

本日は高圧洗浄と外壁コーキング補修の様子を紹介します。
水養生
足場をかけて高圧洗浄を行っていきます。

シール撤去
コーキングを撤去してきます。
下にみえる青いものが「ハットジョイナー」と呼ばれるものです。
ハットジョイナーとは、コーキング部分の隙間一定の間隔に保つためや
コーキングの3面密着を防ぐためのものになります。

コーキング 断面
コーキングを断面から見た様子です。
二面接着の青色の部分がハットジョイナーになります。
このハットジョイナーです。

なぜ2面接着ではいけないのか。

建物は、絶えず動いていますので、その動きに合わせて
2面方向だけ接着していると動きに柔軟に対応します。
しかし3面が接着していると、動きが固定され柔軟に対応できずに
剥がれてしまうことが多いいです。
ココが、はがれてしまうと内部に水がこもってしまうこともあります。
外壁自体が浮いてしまったり、雨漏れの原因になることもあります。

コーキングの処理の仕方は十分に気を付けていただきたいですね。
コーキング
ちなみに2面接着、3面接着とは、
分かりにくいかもしれませんが、コーキング部分を拡大して描いてみました。
コーキングが入るこの三面にコーキングが接着することを3面接着といい、
青色の面を抜かした、外壁側の2面に接着するのが2面接着になります。


マスキング・プライマー
撤去が終わるとマスキングテープを張っていきます。
マスキングは撤去し、新しくコーキングを入れていくとき
外壁にコーキングが「べっとり」付着してしまうのを防ぐためにコーキングを入れる回りに
マスキングテープを貼っていきます。
マスキング処理が終わると
プライマー ( 接着剤 ) を塗っていきます。

シール充填
コーキングを入れてきます。
押さえ込み
コーキングを詰めると、
コーキング表面を目立たないようにきれいに処理していくため、押さえ込みといって、
ヘラを使い表面を整えていきます。

シーリング完了
押さえ込みが終わると、マスキングテープをきれいにはがして完成です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟板金工事

鹿児島市の台風災害の現地調査の様子をご紹介します。今回の家は2階建てのコロニアルが施工されている屋根になります。屋根はなかなか確認ができずに見える発見が遅れてしまうこともあります。今回は板金が落ちている所を発見しました。

鹿児島市の塗装工事高圧洗浄の様子

先日の台風10号での屋根被害はまだまだお問い合わせが絶えませんが、同時に屋根の塗装工事も行っていきます。今回は平屋のコロニアル屋根を行っていきました。まずは高圧洗浄の様子をご紹介していきたいと思います。

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755