コロニアル屋根の塗装工事は何度できるのか???


コロニアルなどの薄型の化粧スレートのメンテナンスは何度でもできるのか。
家を建て10年たち20年たち... 

今まで屋根のメンテナンスを何度か行ったが、
建てて10年目の家といくらメンテナンスしていたとしても建てて30年の屋根ではやはり
屋根の傷み具合というのは違います。
メンテナンスの仕方は本当に大丈夫なのか。
しっかりと見極めることが大切です。


完工
コロニアルは見てわかる通りとても薄型ですのでヒビなども入りやすく
新築時や葺き替え工事うをおこなたすぐでもヒビが入ります。
また、反ったりなど変形がおこりやすいものになります。

10年目は反りが少なくとも30年経つと傷みは進行していきます。
コロニアルの隙間から風が侵入して行くことにより、コロニアル本体が浮いたり反ったりしてきます。
そうすると内部に水が侵入しやすくなり、防水シートなどを傷めてしまいます。
これが雨漏れに繋がるケースもありますので、注意が必要です。



コロニアルは、寿命は30年といわれており、
10年に1度で塗装のメンテナンスを推奨されています。
気候や立地によっても多少の変動があります。

しかし、雨漏れのしない上部な家を保つために、
「10年前後での塗装と建ててからの30年の葺き替えを検討してみてはいかがですか?」
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755