コーキング ( シーリング ) ってどこに使われている?意外と重要なコーキング


皆様、一度は聞いたことるかもしれません。

コーキング(シーリング)は実は家を守るうえでとても重要なところになります。
なぜ、重要なのか・・・。
家の中でコーキングはいったいどういったところに使われているのでしょうか。
実際の写真を使用しながら説明して行きます。

縦目地

シーリング完了
こちらが縦目地コーキングを施工したすぐあとの写真です。

モルタルなどの外壁が使われているとこのコーキングの縦目地は使用されておりません。
サイディングボードなどに関してコーキングの縦目地などが使われています。

この縦目地はボードとボードの間の隙間を埋めるためにとても重要な部分になります。

縦目地は施工する際既存のコーキングを撤去してから新しいコーキングを施工していきます。
古いコーキングの上から新しいコーキングを行うより耐久性があるからです。
縦目地は溝がほとんどありません。そのためコーキングを増し打ちしてもとても薄くなりほとんど意味がありません。
また、溝がないた外壁表面にべっとりと付着し見た目もとてもよくない状態になります。

何か特別な理由がない限り打ち換えるのが通常です。
見積もりの際に確認されてみてはいかがですか?

縦目地コーキングの様子はこちらです。↓↓


窓枠コーキング

コーキング 外壁塗装
こちらが窓などのサッシ部分と外壁の間のコーキングを填充している写真になります。

填充が終わるとしっかり押さえ込みをしマスキングテープ ( 写真でいうと青いテープ ) を剥がしていき、完成です。

こちらは上記に記載している縦目地とは別で、上からコーキングを重ねていく増し打ちの工事が基本的です。
理由としてはサッシを取り付けるときの構造と関係があります。

サッシを取り付ける際、外壁の下地にサッシを取り付けブチルテープ ( 防水テープ ) を貼り
透湿シートをし外壁材(サイディングボード)などを施工していきます。
そしてサッシと外壁材の間をコーキングで止めるのですが、ここのコーキングを撤去する際にカッターを使用して
撤去を行うため、下の透湿シートやブチルテープを傷めてしまい逆に水が内部に入ってしまう可能性があります。
そうすると元も子もありません。

家の構造をしっかりと理解し知識のある方は、増し打ちで行います。

屋根 補修

板金コーキング
瓦 補修コーキング
こちらが屋根で使われているところです。
コロニアル系の屋根ですと、棟板金のつなぎの部分などから水が侵入しないようにコーキングを詰めていきます。
瓦の場合はクラック ( ひび割れ ) などが起るとコーキングなどで補修を行います。

しかしコーキングは消耗品です.
時間が経過すると切れてしまいます。左のコーキングが切れているのがわかります。
屋根の点検を行なったときなど一緒に傷んでしないか確認してもらいましょう。

基礎の補修

基礎 コーキング 補修
以前塗装工事をさせていただいたご自宅になります。
この基礎補修コーキングは以前工事された他社が行ったものです。

基礎のクラックの場合0.3ミリ以下のクラックに関しては急いで補修を
行う必要がありませんが0.3ミリを超えると早めの補修が必要になります。



お家の中でコーキングは至るところに使われているのがわかりましたね。
他にもベランダ部分に使われていることもありますが、それも板金をつなげるためや穴を塞ぐために使われます。

ご覧の通り、コーキングは家の内部のへの水の侵入を防ぎ雨漏れ防止繋がります。
そのためコーキングはとても重要なものです。もしコーキングへの傷みを発見したらすぐにご連絡ください。
放置しておくと雨漏れが発生してしまうかもしれませんよ。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755