スレート屋根のメンテナンス方法とは・・・?


「家を建てて、そろそろ10年だけど家のメンテナンスって必要?」
「メンテナンスしたいけど、何をすればいいのかわからない」  と
いう方はいらっしゃいませんか?

本日は薄型のスレート屋根のメンテナンス方法についてです。
                                  

スレート屋根とは

完工
スレート屋根とは薄型で粘板岩やセメントなどが主原料とされています。
そのため劣化や反りがしやすい材料の1つです。

屋根は常に雨ざらし日さらしの状態です。
そのため外壁に比べても劣化が早いため、塗装を行い紫外線や雨から
屋根を守らなければなりません。
スレート屋根は紫外線や雨に弱い材料です。
しっかりとメンテナンスを行い家を守っていきましょう。

屋根の傷みの様子はこちらでご覧ください。

スレート屋根の傷み調査のブログはこちら↓↓

メンテナンスの方法

塗装 メンテナンス
スレート屋根のメンテナンスとして、代表的なものはこの「塗装」でございます。

約10年ほどで塗装工事を行ったほうがいいですね。

塗装工事は既存の屋根をきれいに洗い、ほとんどが3層の塗膜で家を守っていくことになります。
既存の屋根と色を変更することもできるので、家の雰囲気を換え気分転換を行うこともできますね。

あまりにも傷みがひどいと塗装ができない。ということもありますので早めのお手入れが必要です。
タスマジック 塗布
部分的な補修の工事は塗装と併用して行うことが多いいですね。

スレートが割れていたり、棟板金の釘浮きが発生しているときなどに行います。

割れや、板金の釘が浮いているとどうしても屋根内部のに水を侵入させます。
防水シートが傷んでいない場合は防水シートで守られているため雨漏れが発生することは
ほとんどありません。
しかし、放っておくと湿気で防水シートまでが傷み役目を果たさなくなります。
そのため内部に水を侵入させないように補修が必要なんですね。

スレート屋根の補修を行っているようすはこちら↓↓

カバー工法完成
このカバー工法はスレートの上にガルバリウム鋼板などを被せて施工していく工法です。

スレートは劣化しやすい屋根材の一つです。
そのためスレートの上から耐久性のある屋根材で被せていき家を守っていきます。

建ててから年数が経ち葺き替えを考えている人が「カバー工法」の方が安価なため
考える方がおいいですが、カバー工法の場合下地がしっかりしていないと行うことができません。
今より「屋根を頑丈にしたい」という方にはお勧めですね。

カバー工法のメリットデメリットはこちら↓↓
瓦を固定していく 
最後に、葺き替えの工事です。
この、葺き替え工事メンテナンスとしては最終手段ですね。

スレート材・防水シート・野地板までもが傷み雨漏れが発生しているときなど、
建ててから30年40年と経ちメンテナンスを今まで何も行っていなかった場合は
葺き替え工事になるかもしれませんね。
今のスレートから防水シートなど、すべて撤去し新しものと交換します。
その分費用もかかってきますが新しい瓦は定期的なメンテナンスのいらない屋根材
などのにしてみてもいですね。

葺き替え工事の工程はこちら↓↓

どのメンテナンス方法にもメリットデメリットがあります。

まずは無料点検から行ってみてはいかがですか?
お客様にあったメンテナンス方法をごしょうかいしていきます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755