春夏秋冬。屋根工事・修理時期はいつがいい?


春夏秋冬
屋根の修理や葺き替え工事を行う際に外のリフォーム工事はいつ頃行うのがいいの?
と思ったことはありませんか?

基本的に1年を通してどの季節でも工事を行うことができます。
季節によってメリットデメリットそれぞれですね。

メリットとデメリットを把握した上で自分のライフスタイルに合った月を
選択すRのがいいのではないでしょうか。

春の時期工事

春
春の時期のメリット
春の時期に関してのメリットとしては、日によって気温の差は大きいですが、低温高温まで至ることはありません。気候としては工事がしやすい時期なのではないでしょうか。
雨が長引いてしまいますと、どうしても外の工事を行うことができません。そうすると家にも足場をかけたままにしておくのもよくありません。外の工事を行うには気候はとても重要ですね。
春の時期のデメリット

反対に春の時期のデメリットとしては「卒業・入学・転勤」などお客様自体もお忙しい時期に
差し掛かります。そのためなかなか日程が合わなかったり、
忙しい時期に、たとえ外の工事で家にいなくてもいいとしても、多く出入りされるのはあまり
いい気分ではないのでは?と思います。
忙しい時期が過ぎてから工事を行うのも一つの手ですね。

夏の時期の工事

夏
夏の時期のメリット
夏の時期のメリットとしましては、
1年を通して外装の工事は1番依頼が少ない時期ですね。
そのため工事もいつもより丁寧に時間をかけて工事を行てもらえます。
夏の外装工事は悪いイメージばかりですがそればかりではありませんよ。
夏の時期のデメリット

夏の時期のデメリットとして考えられるのはやはり機構が考えられます。
夏は台風の通り道になることが多いいですね。
台風が来ると、工事がお休みになり、工事の期間も長くなります。
足場が長くかかりますので、お客様への身体へのふたんが増えてしまいます。
そのため気候でいうとなかなか好まれないことが多いいですね。

秋の時期の工事

秋
秋の時期のメリット
秋の時期のメリットに関しては夏の台風シーズンもあけて気候も過ごしやすい気候ですね。春、同様気候は適しています。

冬に向けて断熱対策や来年をきれいにしたい
という方にはおすすめの季節ですね。
秋の時期のデメリット
秋の時期のデメリットはとても以来が多い時期にもなります。
そのため工事が急ぎ急ぎにバタバタしてしまうことが多いいのではないでしょうか。
また、秋にご依頼をいただいたとしても、実際に着工するのは冬になってしまうことがほとんどです。
秋に工事を行うには夏の間からどういった仕様で工事を行うのか決定し、いつでも工事が行えるように
準備を進めておくことが大切です。

冬の時期の工事

5d6e3b1dd1694c7531750996e5e9094a
冬の時期のメリット
冬の時期のメリットとしては、窓を気にしなくていいところです。工事中は窓を開けることができません。
そのため夏場は空気の入れ替えができずに大変ですが、冬場に関しては、なかなか窓を開けっぱなしにすることは少ないのではないですか?
冬の時期のデメリット
冬の時期のデメリットとしましてはやはり寒さが影響してきます。
屋根工事の種類によっては気温が低すぎると行えないものもあります。
また、日照時間が他の月に比べ短いため工事の1日の時間が短くなってしまう傾向にあります。
そのため工事が長引いてしまうことも予想されますね。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755