オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根や外壁が傷んでしまう原因とは?


屋根や外壁が傷んでしまう原因は何があるでしょうか。

年数が経つにつれ家は傷んでしまいますが、ものが傷むのは少なからず原因があります。
こういった家が傷む原因を知ることによって、よりよいリフォーム工事ができるのではないでしょうか。

屋根や外壁が傷んでしまう原因

雨や湿気などの水分による傷み

雨の日
まず一つ目の原因として雨や結露、湿気などの水分により屋根や外壁は傷んでしまいます。

雨が降り太陽が当たらず、ジメジメしている家の北側当たり
または、屋根の瓦の溝など水はけが悪くなっている場所に関して、
カビやコケが生えやすくなりますね。
そのままカビや藻を放置していると屋根や壁は傷んでいってしまいます。

定期的に点検を行ないきれいに洗い流すことをお勧めしますが、
高圧洗浄機などを使用して洗ってしまいますと、塗膜が生きている場合、高圧洗浄の強さで
塗膜を傷めてしまう場合があり、色褪せを促進する原因になりますので、おすすめできません。
中性洗剤などを使用して柔らかなスポンジを使用して洗い流すことをお勧めします。

紫外線の傷み

家と太陽 イメージ
屋根や外壁も紫外線で傷んでしまいます。
私たちの肌も同じですね。紫外線があたりシミやそばかすができ、
そのため夏場は日焼け止めを塗る方も多いのではないでしょうか。

屋根も外壁も紫外線により傷みますが、これは紫外線の中に含まれる「ラジカル」
という物質が原因とあります。

難しい話ですが、この物質は分子間の結合を弱める力があります。
そのため、塗料などに含まれている樹脂の結合を弱め屋根や外壁を傷めてしまいます。

台風や竜巻などによる風害

板金浮き
最後に台風や竜巻などによる強い風が原因で起こります。

俺は単純に台風や竜巻などの強い風によりものが当たったりなどして
瓦がズレたり割れたりなどおこります。
建物が揺れることによって釘が浮きが発生していしまったりなどが考えられます。

上記の雨や紫外線は経年的な劣化として考えられますが、
こちらは建てて一年でも起こってしまう可能性があります。
そのため、大きな台風や竜巻が起った場合はこまめに点検を行うことをお勧めします。

また、こういった台風などの自然災害での瓦の割れなどに関しましては
火災保険で修繕費が賄える可能性があります。
是非ご利用してください。

屋根や外壁が傷んでしま原因はたくさんあげられますが、
その中でも最も多い原因を上げさせていただきました。

皆様の思い出の詰まった大切な家を少しでも長く、過ごしやすい家にするために
私たちもお手伝いさせていただきます。

屋根の無料点検や火災保険申請のお手伝いも私たちでさせていただいております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755