オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装工事の前に!塗装をしたら雨漏れが・・・


『屋根塗装をしたのに雨漏れがする。』というお問い合わせがありました。
これは頻繁ではありませんが、年に何度かお問い合わせがあります。
このような事は本当にあります。

ではなぜ『塗装をしたのに雨漏れがする』のか。

簡単に答えると『塗装=雨漏れ補修』ではないからです。
あるいは『今まで無かったのに、塗装をしてから雨漏れがする。』
というお問い合わせもあります。
これではせっかくキレイに塗装したのに『塗装しなければよかった!』
と思ってしまいますよね。

『屋根塗装をしたのに雨漏れがする。』
こういった事がないようにする為にはどうしたら良いのか。
あるいはどのような事に気を付けたら良いのか。
『塗装=雨漏れ補修』ではないという観点からお話しします。
瓦の隙間に苔
みなさん、ご自宅の瓦屋根でこのように瓦と瓦の隙間に苔(コケ)が生えていませんか。
これは瓦の中に湿気が溜まる事によって苔が繁殖している状態です。

これは定かではありませんが苔が瓦の隙間を埋めることによって雨水の吸い込みを
少なくしていると思われます。
ですが塗装前の高圧洗浄によって苔が削り落され、
瓦と瓦の隙間が大きく開いた状態になり、
塗装後に雨水が入りやすくなる事によって雨漏れに繋がると思われます。

ですが本来、瓦の下にはアスファルトルーフィングや平木が敷いている為、
簡単には雨漏れしないのですが、そのアスファルトルーフィングや平木が痛んでいる場合は比較的早く雨漏れします。
カラーベストコロニアルに苔・ひび割れ
こちらは、カラーベストコロニアルです。

こちらもカラーベストコロニアルとカラーベストコロニアルの隙間に
苔が繁殖していますね。
よく見ると廻りのカラーベストコロニアルにひび割れが発生しています。

こちらも瓦同様、苔が生えていた隙間から雨水が侵入してきたり、
あるいは廻りのひび割れ部、さらにはカラーベストコロニアルが経年劣化で反る事に
よって、適正な隙間を保てないため、隙間が少なくなってきた部分から毛細管現象に
より、雨水の吸い込みを加速させ、雨漏れが発生する場合もあります。




このように『塗装=雨漏れ補修』ではなく
雨漏れを加速してしまっている事もあります。

ですが塗装が悪いわけではなく、塗装を行う際の工事の行い方
が原因になります。

高圧洗浄を行い、どこか不具合が見つかった場合は
その時にしっかりとその時に補修工事を行うことが
一番の雨漏れ対策になります。

この時の補修を行わないと、より多くの雨漏れ補修費がかかります。
早めの対策をお勧めします。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755