オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗装工事は後回しになりがち?塗装工事の必要性とは。


鹿児島市の塗装工事がどんどん着工しております。
10月11月は塗装工事の依頼が増える時期なんです!

なぜ???

と思われる方も多いですが、10月11月は「暑すぎず、寒すぎず」の
丁度気温のいい時期だと思っている方が多いいからなんです。

実際に間違いではありません。
塗装工事は「湿度・気温」に規定があり、寒すぎたり湿度が高すぎると
不具合が生じやすいことから、塗装工事ができなくなります。

しかし、そんなことよりも実際にお客様の声に上がるのは
「寒い中申し訳ない、暑い中大変」という声が多く、涼しくなってからでいいでですよ。
という言葉が多いですね。

そのため、この時期は工事が特に立て込んでおり、塗装を行う職人はこの時期が実は一番忙しいですね。

今回はそんな塗装工事の必要性についてご紹介したいと思います。

塗装工事はなぜ必要?

鹿児島市屋根塗装工事完成
塗装工事はなぜ必要なのでしょうか。
塗装の役割は大きく2つあります。
1つ目は「美観を整える」ということです。

家を建ててから年数が経過していたり、
前回塗装を行ったときから年数が経過すると、
どうしても色褪せが目立ってきますね。

そのような色褪せを新築の時のようにまたは、新築の時以上に
ぴかぴかにキレイに整えます。

色を変更することもできますので、イメージチェンジのチャンスにもなりますね。
雨
2つ目は、建物の保護になります。

紫外線や湿気、塩害などから守る役割があります。
屋根材や外壁材は塗膜がない場合は直接紫外線が当たり、腐蝕がどんどん進んでいきボロボロになってしまいます。

しっかりと塗膜ををつけることにより、紫外線から守りきれいな状態を保てってくれますので
やはり、塗装工事はとても重要ねメンテナンスになりますね。

まとめ

塗装工事をは外装を少しでも長く保つためにとても重要な役割を担っていることが分かりりましたね。

しっかりと定期的にメンテナンスを行い、大切な家を守っていきましょう。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755