オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「葺き替え工事か」「補修工事か」迷ったときはお読みください。


「屋根の葺き替え工事を行うか」「屋根の部分補修を行うか」悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
確かに難しい選択ではないかと思います。
屋根の状況などからしっかりと見極めて間違った選択をしないようにしていただきたいですね。

今回は葺き替えの方がいい場合。補修の方がいい場合に関してご紹介させていただきます。

葺き替え工事の方がいい場合

屋根の葺き替え工事
葺き替え工事の方がいい場合とは、どのような場合でしょうか。

屋根の葺き替え工事をオススメするときは、防水シートが経年劣化により傷んでいる場合です。

よくあるパターンとしては、経年劣化により防水シートが傷み昨日を十分に発揮できていないと、
中に水が入りこみ雨漏れが発生してしまいます。

ココを部分的に補修を行い防水シートの傷みは部分的に治ったとしても他の部分は劣化したままです。
しばらく経ち別の部分が雨漏れが発生してしまい、補修工事を繰り返す。
このようなことを続けると、最終的に1度に葺き替えた方が安い場合がほとんどなんです。

経年劣化の防水シートの傷みは部分補修ではなく葺き替えを行うことをオススメします。

補修工事の方がいい場合

屋根修理
それでは補修工事をオススメするのはどのような時か。

補修工事をオススメするのは、「棟の板金が飛ばされた」「釘浮きが見受けられる」「中の防水シートは傷んでいないが、屋根材にクラックが入っている」という時は部分補修をオススメしています。

ここで重要なことは中がまだ傷んでいないということです。
屋根材が割れていると中に水が侵入してしまいますが、中の防水シートが受け止め水を下に流してくれます。
中が傷んでいないので、中に水を侵入を防ぐために割れの補修を行いましょう。

防水シートがあり役割を果たしてくれているなら割れたままでもいいのでは?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、割れている状態が続くと内部に湿気がこもることが多くなり
内部の劣化がどんどん進んでしまいます。

そのため、割れは放っておかずにしっかりと補修を行いましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755