屋根の修理行ったら雨漏れにつながることもあります。


屋根の修理や塗装を行うと逆に「雨漏れが起った、
またはひどくなった」ということはあります。

なぜ雨漏れに繋がってしまうのでしょうか。

1つ例にしてみていきましょう。
軒天雨漏れ部分
雨が漏っている部分です。

軒天部分の雨染みが大きくで腐食が進行しているのがわかりますね。
屋根谷部分からの雨漏れ
屋根谷部分から雨漏れ
谷部分をセメントで固めてあるのがわかります。

大雨が降る際に水が入ってしまう、ということでセメントを塗り
隙間を防ぐ処置を行った様子を見ていたが、
小さな雨でも雨漏れがするように・・・



なぜこのように補修をすると雨漏れが発生してしまうのか。

それは、屋根の内部に侵入してしまった雨の逃げ道をふさいでしまっているからです。
そのため雨が内部にたまり、下から漏れてきてしまいます。

「塗装を行った後の雨漏れやコーキング補修などの補修を行ったときの
雨漏れの原因のほとんどの原因がこの逃げ道をふさいでしまったことによるものです。

このような原因で雨漏れが引き起こされるのはなぜなのでしょうか。

それは、最初の補修を行う際に詳しい知識のない方が補修を行うと
このような事態を招いてしまう場合があります。

水の侵入口をしっかりと理解したうえで補修工事を行うことがとても重要です。

街の屋根やさん鹿児島店ではしっかりと現場の調査を行い
状況にあった工事を提案いたします。
お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755