オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート補修の方法を間違えると雨漏れに繋がる可能性があります。


スレート屋根の点検を行なうとどうしてもスレートの割れや破片一枚すべて
外れているところなどをが見られます。

そのようなときどのように補修を行っていくといいのでしょうか。

スレート屋根は薄型のため反りやすく割れやすいものになります。
しっかりと補修工事を行わないと内部に水が浸入しやすくなり、
内部の劣化につながってしまいます。


いろいろな家で点検を行っているといろいろな補修補法を見かけますが、
すべてがすべて正しい方法ではありません。

しっかりと正しい補修方法で行わななければ雨漏れにつながる可能性がありますので注意しましょう。
ひび割れ 補修
街の屋根やさん鹿児島店でクラック補修などで使用しているしているのは
この「タスマジック」という補修液になります。

クラック部分にタスマジックを塗り乾燥させるだけで補修が行えます。
工程は簡単ですが、しっかりとクラック部分を守ってくれる優れものです。

タスマジックに関して詳し記事はこちら↓↓



そのほかにコーキング補修などがあります。

屋根の補修方法で「コーキング」とはよく耳にするのではないでしょうか。

この方法は使い方によっては間違った補修の仕方になりますので注意が必要です。

また、コーキングの補修は一時的な補修です。
長期的な補修ではないので注意が必要です。


スレート屋根 一枚ズレ
このようにスレート一枚すべてが取れてしまっている場合は
新しいものを差し込んでいきます。


このような場合はその部分だけではなく広範囲での補修になっていきます。


屋根工事のことは街の屋根やさん鹿児島店にお気軽にご相談ください。
屋根の専門家がわかりやすく、屋根の状態にや症状を診断します。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755