夏の暑さに負けない家にするためにできるリフォーム


夏も近づきよるクーラーを入れる方も多いいのではないでしょうか。
本日は、夏の暑さ対策についてお伝えします。


まずは遮熱用を塗料を施すことにより室内の気温を下がることが期待できます。

通常屋根や外壁は熱を吸収し室内に熱を伝えてしまいますが、
遮熱用の塗料を塗装することにより、熱を反射し熱が室内に伝わることを防いでくれます。

また、室内に温度の低下が期待できるだけではなく、
エアコンの効きがよくなるなど、省エネ効果も期待できますので
お財布にも優しいですね。


遮熱塗料にもいくつかありますので、どのような種類があるのか
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください。
ここで、熱は一番どこから伝わってくるのでしょうか。
「屋根や外壁などの壁から熱が伝わるのか」
「小さな隙間から侵入してくる空気から伝わってくるのか」

熱が室内へ伝わる一番の原因は開口部分(窓や玄関などのドア」から一番熱は伝わってきます。
この開口部分からの熱の伝わりは全体の約58%ともいわれていります。

そのため、ガラスをペアガラスにしたり二重サッシにすることにより
熱の侵入を妨げ、室内の温度の低下に充分の期待もでき、
併せて遮熱塗料を行うことにより、さらに効果が発揮されることでしょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755