オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏れがしないひび割れの大きさとは


雨が降り雨漏れが発生してしまったという声が後を耐えません。
なぜ雨漏れが発生してしまうのでしょうか。

雨漏れというと屋根からを考えることがよくありますが、
雨漏れは屋根からだけではなく、
外壁のひび割れなどから侵入するケースも珍しくありません。


外壁 モルタルクラック
コンクリートやモルタル壁の雨水の侵入口はほとんどが
外壁のヒビ割れからの侵入になります。

大きなひび割れや小さなひび割れが窓の廻りに入ることがよくあります。

このような部分から侵入した雨水が躯体を傷めていきます。

しかし、小さなひび割れでも水を侵入させるかというとそうではありません。
とても小さなひび割れは防水に関して問題がない事がわかっています。

ひび割れ0.2mm以上の場合ひび割れが水を侵入させるとコンクリート工学協会の
ひび割れ調査・補修指針でも発表しています。

コンクリートやモルタルは表面に凹凸があるため、
水が通りにくく、水を吸収する力があるため室内まで漏ってくることは
ほとんどありません。

外壁材本体が水を吸い込むことは決していいことではなく、
外壁材自体の傷みを進行させるのは違いありません。

室内に雨漏れが発生する前にしっかりと補修を行いましょう。
0.2mmほどのひび割れには要注意です。

もし、見つけたら早急に専門の人に診てもらいましょう!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755