梅雨時期に確認!!雨漏れしやすい場所


雨漏れと聞くと皆様は何を思い浮かべますか?

普段あまり気にしていない分なかなか雨漏れに気づかないという方も多くいらっしゃると思います。
押入れの中なども雨漏れする可能性があり、その場合気づいたころには雨漏れの進行が進んでおり、
補修工事では手に負えない場合も出てきます。

雨漏れからの腐食で家を守るためにどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。
事前に雨漏れを防ぐ手立てをしていたにしても、台風などの強風で棟の板金などが飛んでしまい
雨漏れが発生してしまう可能性もあります。

一番は、雨漏れや家の負傷部分に「いち早く気づく」ということが一番大切なのではないでしょうか。
そこでここからは、雨漏れの発生しやすい部分を紹介していきたいと思います。

雨漏れが発生しやすい場所とは・・・

まず第一に考えられることは屋根からの侵入です。
板金の傷みや屋根材、防水シートの傷みなどが原因で水が室内に侵入してきます。

このような場合は天井部分に雨染みができ水滴が落ちてくることが多いいのではないでしょうか。

天井から雨漏れが発生している際は屋根を疑うのが賢明でしょう。
雨漏れの原因は屋根からとは限りません。
外壁からも雨漏れが発生する可能性があります。

・目地部分のコーキングが腐食している
・帯部分からの腐食
・外壁材自体のひび割れ

などがあげられます。

目地部分コーキングや外壁自体にひび割れがあると雨水が侵入する確率は上がります。
また帯部分の施工の仕方にもよりますが、帯を固定している釘の小さな穴か雨水が侵入する
こともあります。

壁の雨染みは外壁の原因もありますので要注意です。

最後にベランダ部分からの雨漏れになります。
「ベランダから雨漏れ?!」と驚くかたも多いいのではないでしょうか。


ベランダの防水がしっかり行われていないと、内部に水が侵入し躯体を傷め
室内にまで腐食が進行してしまいます。

ベランダ部分は雨漏れになりやすい部分の一つですのでここも要注意です。
最後にサッシ部分からの雨水の侵入です。

建ててから数年で漏ってきたという場合は建てたときの施工に問題がある場合が多いいです。
数十年たっている場合は、サッシ廻りのコーキングが腐食している場合や
サッシ自体が変形してしまっているなどがあげられますので、
一度専門の人に診てもらいましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755