オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

差し掛け屋根は雨漏りが発生しやすい?!


「招き屋根」「差し掛け屋根」と聞いたことがありますか?
屋根の形状を示す言葉の一つですが、聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

もしかしたらあなたの家もこの「招き屋根」「差し掛け屋根」かもしれませんね!
今回はこの屋根形状の特徴に関してです。

「招き屋根」「差し掛け屋根」とは

そもそも「招き屋根」「差し掛け屋根」とはどのようなものなのでしょうか。

写真を見ていただくと分かりやすいですが、

招き屋根 差し掛け屋根 の特徴とは

それではここから特徴を見ていきましょう。
どのような特徴があるのかわかることで、どのように今後メンテナンスをすればいいのか
分かることも多いいのではないでしょうか。

メリットとは

招き屋根は壁部分に窓を設置することでしっかりと光を確保することができます。

窓の開閉ができるとさらに風を室内に取り入れることができるので、過ごしやすい室内を
作り出すことができます。


段違いで屋根が作られているため、風に強いことが特徴です。


デメリット

雨漏れは「取り合い部分」から発生することがあります。
そのため段違いになっているとその分雨漏れする可能性も高くなりますね。

雨仕舞いをしっかりと行うことが大切ですが、お客様は職人を信用するしかありません。
そのためしっかりとした会社に頼みたいものですね。
新築のでも、リフォーム工事でも創業年数の長い信頼のおける業者に頼むのをお勧めします。


リフォーム業者分かるQ&A

コストが安いは本当??

一番安いというわけではありません。切妻屋根と屋根面積は変わらないため屋根材の費用は掛からないかもしれませんが、段違いになっているため取り合い部分の役物などに多少コストがかかってきます。

夏は涼しい?冬は暖かい?

実際に住んでいるお客様へ聞いたことがありますが、「夏涼しい冬は暖かい」と感じることあまりないようです。地球温暖化が進行し年々暑さも厳しくなっています。多少は低減できているかもしれないがやはりクーラーをつけないと暑いようです。省エネ効果につながることはあるかもしれませんが、屋根の形状でそこまで期待されない方がよさそうです。

まとめ

「招き屋根」「差し掛け屋根」は段違いで屋根が作られているため、
遮光がとりやすく窓によっては通気を十分におこなうことができます。
しかし形状の兼ね合い状雨仕舞をしっかりしないと雨漏れが発生する可能性が
高いため、しっかりと信頼のおける業者に頼むことが重要です。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755