屋根塗装工事の工事の工程と気を付けるポイントを紹介!


家を建てて10年を経過してくると、塗装工事を考える人も多いいのではないでしょうか。


今回は屋根の塗装工事の工程についてご説明していきます。


しっかりとした屋根の工事工程を知っていることで、手抜き工事や工程不備をなくし
後々のトラブルが起こらないようにしたいですね。

工事の工程

カバー工法 仮設足場設置
まずは最初に仮設足場を設置していきます。

仮設足場は職人の安全を守ることはもちろんのこと、作業の効率をあげ丁寧な施工をするためにとても重要です。

高圧洗浄

屋根塗装高圧洗浄
仮設足場の設置が終わると、「高圧洗浄」で屋根の汚れやカビなどをきれいに洗い流していきます。

高圧洗浄は水にあたると指が切れてしまうといわれるほど高い圧を掛けているので、洗浄中は注意が必要です。

また、屋根の種類の一つに「モニエル瓦」という種類の瓦がありますが、
この瓦に関しては高圧洗浄の際に要注意なんですが、知らずに通常通りに洗浄を行うと後々膨れ也剥がれに
繋がりますので、しっかりと知識のある業者に頼むようにしましょう。
屋根下塗り 塗装
高圧洗浄でしっかり汚れを洗い流し、乾燥が終わるといよいよ塗装工事を行っていきます。

まずは1回目、下地塗装を行っていきます。
この下地塗装は接着材のような役割がありますが、下地材の選択は慎重に行わなくてはなりません。

屋根材の種類によって使う下地材も変わってきますので注意が必要です。
鹿児島の工事事例2
中塗り
鹿児島市塗装工事上塗り
上塗り
乾燥が終わると、中塗りを行い最後に上塗りを行っていきます。

中塗りと上塗りの塗料は同じ塗料を使うことがほとんどです。
ここで使う塗料は「遮熱塗料・セラミック塗料」などいろいろな種類の塗料があるので
家にあった塗料を選択していきましょう。

また、塗装は吹付で行う場合と手塗りのローラーで行う場合と2つの方法がありますが、
最近は手塗りの方が若干多いいかもしれませんね。
しかし、屋根材の種類や近隣状況でも変わってきます。
工事完了検査
工事のすべてが終わると、仮設足場の撤去の前にしっかりと塗り残しがないか、
ムラが出ていないかしっかりと確認していきます。

もし何かあった場合はここでしっかりと手直しを行っていきます。




足場解体写真
仮設足場を解体していきます。

解体が終わると最後にお客様も一緒に確認を行い、お引渡しになります。

工事完了です。

まとめ

工事の工程はお分かりいただけたでしょうか。


この工程で1週間から10日ほどかかります。
雨の日などは工事をお休みさせて頂きますので日程が延びる場合もありますのでご了承ください。

しっかりとした工程で行うことにより、失敗しない工事を行うことができるでしょう。

私たちと一緒に工事の成功させ、よりよい住まいを実現させましょう。

あわせて読みたい

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755