塗装工事の見積もりをもらった後確認するべきこと


塗装工事やリフォーム工事を行う際にお見積りを何件かとる人が
多くいらっしゃいますが、どこを見たらいいのかわからないからとりあえず安いところで
と考え工事でトラブルが発生してしまうことも少なくありません。

本日は「相見積もり」を行ったときに見るべきポイントを紹介したいと思います。

塗料の詳細

屋根葺き替え工事 費用
ここで一番に目をつけた方がいいのが「1式」という言葉ですね。
意外と使われていることが多いいのがこの1式ですが、1式だと結局その単価が
適正な価格なのか全く分かりませんね。

基本的に塗装工事の価格は塗る面積で決められていることがほとんどですが、
1式で書かれている場合、塗る面積を計算せずに、
「このくらいの大きさならこの金額でちょっと多めに見積もりしておけば・・・」
と考えているかもしれませんね。

㎡数で書かれていても1㎡の単価が高いのでは?と思われる方も多いいと思います。
そんな時は表示されている塗料メーカーが設計価格という材工含んだ参考価格が記載
されてることがほとんどですので、見てみるといいかもしれませんね。
見積りの内容についてどこからどこまでが入っているのかが重要です。

「家の塗装工事の見積りをお願いします」
と伝えてあった場合でも、
「見積書の掲載には、足場・屋根塗装・外壁塗装」しか書いてなかったとします。

でもこのままお願いをしてしまうと、
・「雨樋や軒天雨戸」などの付帯部の塗装
・目地部分のコーキング補修(傷みが出ているのに補修しないと雨漏れが発生してしまうケースもあります)
・屋根が割れていたりずれていたりしているヶ所の補修(補修を行わないと雨漏れが発生する場合もあります)

このような工事は含まれていないこともあり、ただ塗っただけの工事になってしまいます。
また、工事の途中で痛みの発生を指摘され補修工事を行ってから多額の追加を請求されてしまうこともあります。

そのため、どこまでが工事の内容に入っているのか、しっかりと記載してくれる業者に依頼するようにしましょう。

これは少し難しいですが、

A社   外壁塗装   100㎡
B社   外壁塗装   120㎡
C社  外壁塗装    200㎡

だったとすると、㎡数は100㎡から120㎡が
正しい㎡数と信頼できますね。

㎡数を多めに出して、金額を多くする人も少なくいありませんので要注意です。

まとめ

相見積もりは3社ほど見比べることをお勧めします。

たくさん見積もりをもらってもわからなくなることがほとんどです。
3社を見比べて、一番信頼のできる業者を選んでくださいね。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755