オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根のリフォーム中に雨が降るのは良くない?あなたが気を付けること


屋根工事中の雨

「工事中に屋根が雨でぬれてしまったら、どうなるの?」


こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

屋根リフォーム中の雨は絶対に避けたいです。


この記事で「屋根リフォームと雨の関係」について詳しく解説するので、屋根リフォームの参考にしてください。

最後まで読んでいただくと、雨で不安になることなくリフォームができます。


リフォーム中に屋根が雨にぬれても大丈夫?

屋根工事中の雨

屋根リフォームには、以下の2つのパターンがあります。


  • 屋根材を新しくする「葺き替え」

  • 屋根材を塗装し直す「塗り替え」


葺き替え工事では、雨に降られると困る作業が一部だけあります

塗り替え工事では、屋根がぬれている間は塗装が原則としてできません。


基本的に「屋根リフォームは雨対策が必須」と覚えておいてください。

下地材や躯体がぬれると「劣化・腐朽・カビ」の原因になる

屋根の葺き替え工事で下地や躯体(くたい)が濡れたときは、工事をしても問題ない含水率名で下地を乾燥させる必要があります。それを怠ると、「劣化」や「腐朽」、「カビ」の原因になります。

躯体とは家の構造体のことで、一般的な木造住宅の場合は木材出作られています。
屋根の場合は「棟木」。「母屋」「垂木」などで構成されています。

「下地」は屋根材(瓦屋やコロニアル)を支えるために春野地板のことです。
古い瓦屋根は下地に土を敷いているものもあり、屋根が塗れていると重くてスムーズに撤去できません。

新築の場合は野地板や防水シートがなく雨から保護できない時期があります。
この時期に構造材が濡れても乾燥させれば問題ありません。


ルーフィング施工後は、多少の雨が降っても安心

一般的な葺き替え工事では、以下の流れで工事します。


  1. 傷み具合に応じて既存の屋根(下地、防水シート、屋根材)を撤去する

  2. 新しい下地を張る

  3. 新しい防水シート(ルーフィング)を張る

  4. 新しい屋根材を葺く


屋根は瓦などの屋根材で防水しているように見えますが、雨は屋根材の隙間からも侵入します。

侵入した雨水を防水するのが、ルーフィングと呼ばれる防水シートです。


実は、屋根防水の主役はこの「ルーフィング」で、既存屋根の撤去から新規ルーフィングの施工までは晴れている方が望ましいのです。


ルーフィングの施工が終われば、多少の雨が降っても大丈夫。

ですから、工期中の天候があやしいときは、ルーフィング工事まですみやかに終わらせます。


屋根の塗り替え期間中の雨はNG

屋根の塗り替えでは、塗装中だけでなく塗装前後の雨も避ける必要があります。

もし雨が降ると、以下のことがおこります。


  • 塗料の劣化を早めて耐久性が落ちる

  • ムラになったりきれいに仕上がらなかったりする

  • 塗膜がふくらんだり剥がれたりする


乾いてない屋根材の上から塗装するのも、塗料が乾いてないあいだに雨が降るのもNGです。

一般的な塗装業者であれば、雨が降りそうな日は工事を中止します。


屋根リフォームの雨対策

屋根工事中の 雨

つづいて、具体的な「屋根リフォームの雨対策」について解説します。


雨対策は「依頼主にできること」と「リフォーム業者にできること」の2種類あります。

業者がやることであっても、実際にやってもらえるのかを確認しておくとよいでしょう。


以下では「依頼主にできること」と「リフォーム業者にできること」をそれぞれ順番に説明します。


依頼側にできること

依頼主にできる雨対策の代表は「できるだけ雨や雪が少ない時期を選んで工事する」ことです。

とくに台風やゲリラ豪雨など、横殴りの雨が降る時期は避けたいところです。


国土交通省のホームページに、各都道府県の月々の降水量が載っています。

県庁所在地のみですが、降水量が少ない時期の目安にとして確認しておくとよいでしょう。


ただ、降水量を意識している依頼者は多く、雨が少ない時期ほど屋根リフォーム業者は忙しくなります。

リフォームすると決めたら、早めに業者選びをスタートしましょう。


リフォーム業者に確認すること

降水量が少ない時期を選んでも、雨が降ることはあります。

もし雨天となったら、対応はリフォーム業者の判断にゆだねることになります。


ですから、しっかりと雨対策してくれるリフォーム業者を選ぶことが肝心です。

以下のことをちゃんとやってくれるのか、契約前に確認しましょう。


  • 降水確率が高い場合はどのような対応をするのか

  • 工事中に急に雨が降ってきたらどのように対応するのか

  • 想定以上に雨の日が続いたらどうするのか


翌日の降水確率が高いとわかれば、一般的な業者は屋根を保護(雨養生)して工事を中止します。

もし工事中に雨が降ってきたら、ブルーシートなどですみやかに養生します。


葺き替え工事の場合は、ルーフィングの施工が終わっていたら、多少の雨でも養生せず作業することが可能です。


業者は工期に余裕をみているので、1日ぐらいの中止であれば工事は予定どおり完了するケースがほとんどです。

想定外に雨が続くようなら、業者は依頼主と相談のうえ工期を延長します。


雨が理由で工期が数日延びたとしても、追加費用は基本的に発生しません。

ですが、例外もあるので工期延長に関する内容を確認してから契約することが大切です。

屋根のリフォームが始まったら雨対策は業者に任せてOK

屋根工事中の雨対策

あなたにとって「ちゃんと雨対策してくれるリフォーム業者」を選ぶことが大切です。


常識的な屋根リフォーム業者なら、翌日や工事中の天気の確認をおこたりません。

雨が降りそうなら、対策もキッチリやります。


ですから業者選びで間違えなければ、工事中の雨対策は業者に任せても問題ありません。

その理由を、もう少し詳しく解説します。


一般的なリフォーム業者は無理して雨の日に屋根工事をしない

屋根リフォーム業者が雨の日に無理して工事することはありません。

常識的な業者であれば「雨でぬれると困る状態で、雨養生をしない」こともありません。


職人や現場管理者が、天気や雨対策をないがしろにしない理由について、それぞれの思惑から説明します。


職人が個人事業主の場合、報酬は「作業日数×日給(手間賃)」で計算します。

雨がふると手待ち(作業できなくなる状態)になるので、天気予報に敏感です。


職人は体が資本です。

ケガしたり病気したりすると、収入が途絶えます。

ですから、ぬれた屋根や金属足場の上で施工したいと思いません。


無理して作業しようとすれば危険なだけでなく、スムーズに作業できません。

足元がおぼつかないだけでなく、ぬれたものを運ぶのはとても困難になります。


職人が社員なら、会社が雨での工事を止めさせるためそもそも無理して工事をする必要がありません。


現場管理者は、工程管理の都合によりかならず翌日の天気予報を確認しています。


もし雨で下地や躯体がぬれると、依頼主からクレームが入ります。

信頼を失えば「粗探し」をされるので、そうならないように細心の注意を払います。


ですから、雨が降りそうなことがわかれば職人に養生の指示を出し、依頼主に作業延期の連絡を入れるのです。


誠実なリフォーム業者を選ぶことが大切

上述のとおり、常識ある業者に頼めば雨対策で心配する必要がなくなります。

しかし、常識がない業者もいます。


要注意の業者の特徴良い業者の見つけ方を解説するので、参考にしてください。

あなたをだまそうとする悪質業者は論外ですが、そうでない業者の中にもトラブルを起こしやすいところがあります。

そういう業者にありがちなのが「コミュニケーション不足」です。


契約にいたるまでの工事説明でコミュニケーションに不安を感じる業者は、避けたいところです。

以下の業者は、とくに注意しましょう。


  • 雨がふったら中止になることを事前に説明してくれない

  • 雨が続く場合は工期延期がありえることを説明してくれない


工事の説明や大事なことを伝えてくれないと、依頼主としては不安になります。

工事全体のことをもらさず説明してくれる業者を選ぶことで、トラブルに会うリスクを減らせます。


リフォーム工事業者の良し悪しは、判断が難しいです。

工事内容や見積額が適正なのか、素人では見当もつきません。


ですから、リフォーム工事は「相見積もり」が基本です。

1~2社では適正かどうか判断しづらいので、できれば3社以上に見積もりしてもらいましょう。


その際、どの業者にも同じ要望を伝えることが大切です。

そのうえで工事内容と見積額を比較します。


わからないことは各業者に質問し、受け答えも比較しましょう。

比較検討することで、どの業者が一番信頼できるか見えてきます。


まとめ:屋根リフォーム中の雨で気を付けるべきは時期を選ぶこと

屋根工事中の雨対策とは

屋根のリフォーム工事は、できるだけ降水量が少ない時期を選びましょう

工事中は、ルーフィング(防水シート)が施工されるまで躯体や下地がぬれないように養生してもらうことが大切です。


雨による養生や工事中止の判断は、リフォーム業者に任せるしかありません。

いいかげんな業者を選ばないように、相見積もりなどを経て信頼できる業者と契約しましょう。


リフォーム時期を選び信頼できる業者に任せれば、屋根リフォーム工事の不安が解消されます。

少しでもリスクを減らせる選択をして、あなたの屋根リフォームを成功させてください。


屋根のメンテナンスをする時期を知りたい人には「屋根のメンテナンス時期の見分け方と必要な費用相場を専門家が解説」の記事もおすすめです。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755