オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁塗装、屋根塗装は同時に行うのが本当に賢明なの・・・?


屋根の塗装工事と外壁の塗装工事は「同じときの方がいいの?」という質問を多くいただくことがあります。

屋根は劣化しているようにみえるが外壁はまだまだ傷んでいないのでは?
「屋根だけで外壁は数年で大丈夫」と思われる方も多いですね。

間違った認識をしていると取替しが付かず、葺き替え工事や外壁張替を行わないといけないかもしれません。
同時がいいのか・別々がいいのかについてです。

屋根の塗装工事と外壁の塗装工事は同時がいいの?

屋根塗装工事と外壁塗装工事は同じがいい?
屋根の塗装工事と外壁の塗装工事は「同じときの方がいいの?」という質問を多くいただくことがあります。

屋根塗装と外壁塗装を同時に行う方もいらっしゃいますし、
先に屋根塗装をして数年後に外壁塗装工事を行う方もいらっしゃいます。
実際のところは同時に行う人の方が多いのではないでしょうか。

同時に行った方がいいのか・別に行った方がいいのかいろいろな視点から見ることによって変わってくるでしょう。
それでは視点別にみていきましょう。
自分で判断をする場合、家を建ててから初めての塗装工事の場合は建ててからの年数が1つの目安になります。
塗装工事は10年に1度といわれておりますので、
10年が経過していたら「屋根・外壁」両方の塗装工事を検討した方がいいでしょう。

まだ10年経過していない場合は、屋根の塗装工事だけでも大丈夫かもしれません。
屋根と外壁どちらの方が早く劣化すると思いますか?

実は屋根の方が劣化速度が早いです。
屋根は雨ざらし日ざらしで環境がいい状況とは言えません。
そのため早く劣化してしまいますので早めの塗装工事が必要となります。

しかし劣化というものは「建物の立地条件」「使用している屋根材の種類」などによって大きく
変わってきますので一概に別の方がいい、同時にした方がいい。とは言い切れないのが現状です。

家を建ててから何度か塗装工事を行っている場合、
前回塗装を行った塗料によって次回の塗装工事の時期がある程度決定していきます。

そのため一概に「10年で塗装時期だから・・・」と前回の塗装工事から「屋根・壁」10年後に
行えばいいという問題ではありません。
屋根に塗った塗料、外壁に塗った塗料がそれぞれ耐久年数が同じではない場合それぞれ別で行う必要があります。
そのため前回の塗料を耐久年数をそろえていくことで同時に行うことができます。

耐久性が低い塗料を塗ったが、知らずに常に10年後塗装工事を行うと知らず知らずのうちに
劣化が進行し屋根材や壁材が水を含むようになったり内部に水を侵入させてしまうこともあります。
場合によっては屋根の葺き替えや外壁の張替を行わないといけない場合もあります。

そうすると余分なリフォーム費用が必要になりますのでどうすればいいのかしっかりと知っておく必要がありますね。

それではどうすればいいのか・・・。
樹脂の耐久年数
塗料の耐久性「樹脂」で決定しています。
樹脂は「アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂」の4種類があり、
この樹脂のランクで耐久年数が決定していきます。

表に掲載している年数は外壁の場合の耐久性になりますが、
屋根に塗る場合劣化速度が早いため、3割~4割耐久性が短くなってしまいます。
そのため「同じシリコン樹脂」を塗装しても外壁「10年~15年」ですが屋根だと「6~7年」で
塗装工事が必要になってきますので注意が必要です。

ここで少し余談ですが、同じシリコン樹脂でも耐久性低いものもあれば、
高い技術を使用して10年以上耐久性のあるものもあります。
そのため塗装工事は「耐久性8年くらいのシリコン樹脂を10年以上持つシリコン樹脂」と謳っている業者がいたりなど
「騙されやすい工事」の一つになっています。
そのため、「業者選びには慎重に、信頼できる業者、人」を選んで頼むことをオススメしています。

鹿児島市塗装工事は同時に行う?費用について
そもそもランニングコストとは「続けるために必要な費用」指しますので
ここでは「家に住み続けるために必要なメンテナンス費用」を指します。

1回1回の塗装工事の費用を考えるのであれば屋根と外壁別の塗装工事の方が1回に必要な工事費用は安くなります。
ランニングコストを考えるのであれば、屋根と外壁一緒の塗装工事の方が生涯に必要なメンテナンス費用は安くなります。

屋根と壁を別にすると、塗装面積が少なくので材料も少なくなりますし日数も少なくので人件費が
少なくので別々の方が安くなります。

屋根と壁を別にすると仮設足場を2度建てないといけません屋根と外壁を同じときに工事することによって
仮設足場の費用を1回分抑えることができます。
更に工事費は高額の方が値引きが大きいという業者も多いですので何かと費用を抑えることが
できることが多いです。


まとめ:屋根・外壁の塗装工事同時がいいのか…

鹿児島市屋根塗装と外壁塗装一緒にするのかまとめ
屋根の塗装工事と外壁の塗装工事は別がいいのかというのは、ランニングコストを考えると
同時に行った方が賢明でしょう。
しかし屋根や壁の傷みは「立地条件」や「既存の状況(以前行った塗料ランク)」などによって
大きく変わってきます。

実際に別々がいいのか同時に行う方がいいのか決定する場合は家の点検を依頼して
信頼できる業者に相談することをオススメします。


あわせて読みたい塗装工事

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755