オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根(軒)のない家はかっこいい!だけどリスクもあります


軒先 腐蝕

近年は、外観の見た目などを重視して軒を付けない家が流行っています。

軒のない家というのは見た目がシンプルで美しいです。


しかし、軒を無くすことはメリットばかりではありません。

場合によっては雨漏りなどの重大な事故を引き起こす可能性もあります。


この記事では、軒が必要な理由や、設置するメリット・デメリットを解説します。

住宅の購入や屋根の形状を検討している方はぜひ参考にしてください。


屋根に軒がある理由

軒の役割とは

「軒」には、直射日光や雨風から建物を守る役割があります。


古くからの日本家屋や寺院に軒が付いているのは、自然現象から家を守るためです。

軒は単なる飾りではなく、家を長持ちさせる役割があるでしょう。


では、屋根に軒がある理由をもう少し詳しく紹介します。


軒には、雨風から建物を守る役割もあります。


軒があれば、雨から家を保護できるでしょう。

雨が外壁や窓に直接当たることも減るため、防音にもつながるでしょう。


軒がない家は常に雨風にさらされる事になります。

近年増えている「ゲリラ豪雨」のような事態があった場合は、軒がないために雨水が室内に入り込むおそれもあります。


横殴りの雨や風だと、換気口から雨水が侵入することもあります。

軒があれば雨漏りを防ぎやすいでしょう。


屋根(軒)のない家にするメリット

軒がない家のメリットには「見た目が良い」がありますが、実用性の面でもいくつか利点があります。


軒がない家にはどんなメリットがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。


屋根の軒がないデザインにすれば、軒が出張っていた分、家が広がります


軒を作る場合、屋根を外壁より外側に出さなくてはいけません。

限られた敷地の中で軒を作りたいのなら、敷地から屋根が飛び出ないように家を小さくしなければなりません。


部屋の広さにこだわりたい場合は、軒のないデザインを検討するのも良いでしょう。


屋根が出ていないデザインだと、地上から見たときにシンプルな見た目になります。

軒のない家は、シンプルな見た目が好みの人にとっては魅力的に映るでしょう。


軒がないデザインにすると、材料費を節約できます。

軒が無いと屋根の面積が減り、材料が少なくて済むためです。


家の建築費を少しでも抑えたいのなら、軒を出さない方法も検討してみましょう。


屋根(軒)のない家にするデメリット

軒のない絵のデメリット

軒には雨風から建物を守ってくれたり、直射日光から建物を守ってくれたりする役割があります。

では、軒がないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?


軒がないに最大のデメリットは雨漏りのリスクが高まることです。


軒がなければ雨風が建物に直撃し、換気口や配管のつなぎ目から水が侵入するおそれがあります。

軒がないと、雨風を外壁が直接受けることになるため、外壁の劣化や汚れが発生しやすくなります。


雨にさらされる部分と、さらされない部分とで色の変化が生じる事もあるでしょう。


また、雨は酸性のため外壁の塗装を侵食します。

劣化が進むと塗装がパリパリと剥がれることもあります。

まとめ:屋根(軒)のない家はデメリットも熟知してから作ろう

鹿児島県日置市雨漏れ 雨樋発生

軒がないことで雨風が外壁に直撃して、外装を劣化させます。

最悪の場合、雨漏りにまで進展することもあるでしょう。


軒のない家を建てるには、起こる問題も考えて、メリットとデメリットをチェックしてみてください。


このほか、屋根のメンテナンスを検討している場合には「屋根のメンテナンス時期の見分け方と必要な費用相場を専門家が解説」を参考にしてみてください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755