屋根の葺き替え事例や費用、メリットやデメリットをチェックしよう!


屋根修理


屋根の葺き替えとは、既存の劣化した屋根をすべて撤去して、新しい屋根を一から取り付ける工事のことです。

 

葺き替えのタイミングは、屋根の寿命にあわせておこない、2030年が目安になります。

 

この記事では屋根の葺き替えについて詳しく解説していますので、自宅の屋根の寿命が近いのでしたらぜひ最後までご覧ください。

屋根を葺き替えするメリットとデメリット

c4def6a349713c25cf9be27d29afac45-e1569898641234


屋根を葺き替えする最大のメリットは、屋根の内部を補修できる点です。

デメリットは工事費用が高いことでしょう。

 

他にもたくさんあるメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

屋根を葺き替えするメリットは4つ

屋根を吹き替えることで得られるメリットは以下です。

 

  1. 屋根内部も補修できる
  2. デザインを一新できる
  3. 屋根材の耐用年数が延びる
  4. 屋根を軽量化して耐震性を高められる

 

上記を1つずつ見ていきましょう。

 

屋根の内部を補修できる

屋根の葺き替えをおこなう際は屋根材だけを取り替えるのではなく、ルーフィング(屋根材の下に敷く防水シート)の下地まですべて取り替えるので、屋根内部の劣化も補修することができます。

 

デザインを一新できる

これまでの屋根材とちがうデザインを使用して外観を一新することができます。

塗装リフォームだと屋根の凹凸までは変えられないため、色くらいしか変えられません。

 

屋根素材の耐用年数が延びる

劣化した既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に変えるため、屋根の寿命が長くなります。

 

塗装リフォームだけだと屋根材自体は劣化したままなので内部がボロボロというケースもあるでしょう。

 

屋根を軽量化して耐震性を高められる

屋根は軽いほど耐震性が高いため、既存の屋根材より軽いものを使用することで、

耐震性を高めることができます。

屋根を葺き替えするデメリットは2つ

屋根を葺き替えることで生じるデメリットも少なからず存在します。

 

  1. 工事費用が高い
  2. 工期が長い

 

それぞれ詳しく見てみましょう。

 

工事費用が高い

屋根のリフォームにかかる費用のおおよその目安が以下となります。

 

  • 屋根塗装:6080万円
  • 屋根カバー工法:170240万円
  • 屋根葺き替え:180260万円

 

屋根カバー工法とは、既存の屋根の上から新しい屋根を取り付ける方法です。

上記のように、葺き替えは塗装やカバー工法と比べて費用が高くなります。

 

工期が長い

屋根の葺き替えは既存の屋根の解体と撤去からおこなう大規模な工事なので、

工期が長くかかります。工期の目安は3週間~1ヶ月です。

 

玄関ポーチの葺き替えの事例を1つご紹介します。

ea48435bc414d380326d03442dcd9f74


屋根材に使われている板金と板金の隙間から雨水が侵入して、内部が腐り始めています。

一刻も早く処置をおこなわなければいけません。

 

ecafa1902222c41685245f25582325fd


屋根材の板金を撤去した写真です。屋根の左下角に注目していただきたいのですが、

かなり腐食が進んでいることがわかります。

 

カバー工法ではこのような腐食を見つけることができないため、腐食の範囲が広がります。

2c2b3e24a89ba36f8718f8d292cac121

 

新しく施工した下地の上にルーフィング(防水シート)を貼っていきます。

使用したルーフィングは、「粘着層付き改質アスファルトルーフィング」という、

片面に粘着層がついたものです。

 

このルーフィングは雨水が侵入しないよう、下地にしっかり密着しています。

9e24b54c9f2117c53a069fb75ca1ec5d


雨水がしっかり流れ落ちるようにガルバリウム鋼板を縦向きに取り付けます。

最後にしっかりとビスで止めて完成です。


今回の規模の工事だと1日で終わります。

屋根の葺き替え工事で注意するべきは悪徳業者

メリットとデメリット


屋根業者には悪徳業者が多く、騙されてしまうと多額の費用を払ったのにもかかわらず、

手抜き工事をされて雨漏りが起こりやすくなります。


そこで、悪徳業者を避けるためのポイントをご紹介します。

 

訪問営業の業者には依頼しない


訪問営業の業者は悪徳業者が多いです。

なぜなら、訪問営業をする会社は営業をおこなわないと仕事がとれないような未熟な会社や、

詐欺業者が多いからです。

 

相見積もりをして比較する


相見積もり(複数の業者に見積りを出すこと)をして費用を比較するのも重要です。

価格が安すぎたり高すぎたりする業者は避けましょう。

また、工事内容が抽象的すぎる業者も避けるべきです。

まとめ:屋根の葺き替えは悪党業者に騙されないよう注意

8f835855b92ee5f5a4de33d5adf4710d-e1569899240456


屋根の葺き替えが成功するかどうかは、依頼する業者によって決まります。

悪徳業者を避けて優良業者に依頼することが重要です。

 

屋根の修理が必要かどうかを判断できない場合は、


「屋根修理が必要な劣化症状から費用・工期まで解説」】


を読んでみましょう。

 

修理するべきかどうかを判断しやすくなります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755