オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦の割れは要注意。1枚の割れも雨漏れの原因に!


皆さん、ご自宅の屋根がどういう状況か気になられた事はございますか?
なかなかご自宅の屋根を見る時間もなければ、なかなか高いところは危なく、怖いと思う方もいらっしゃると思います。
雨漏れの天井のシミ

これは、姶良市にお住まいの方の室内の天井の写真になりますが、こういうシミが出来てから、『うちの屋根の様子がおかしい』や『早く業者さんに見てもらわなきゃ』と思うのです。

部分でめくった屋根
実際に登ってみると、割れた瓦が1枚見つかりました。
屋根の雨漏れの下地状態
屋根の下地がそこだけボロボロになっておりました。
穴まで開いてたので、雨が降ったときはなかなかの量が入ってくると思います。

基本、屋根は下地である野地板というものがあり、その上にルーフィングといわれる防水シートを貼って瓦棒を打ち、瓦がきてる構造になっております。
瓦は雨水を下に流す役割があり、ルーフィングは下地の野地板に雨を侵入させないようにしてるので、瓦とルーフィングで雨から守っているような感じです。
瓦が割れたりずれたりすると、ルーフィングがむき出しになってしまい、ルーフィングは太陽の日射や雨風に弱いので、それらをもろに喰らい、能力が低下してしまいます。
仮に、この現場で瓦の1枚のひびをコーキングで塞いだとしても、下のルーフィングもダメなので、激しい雨などが降った時に雨がジャンジャン侵入してくると思います。


1枚でも瓦の割れは怖いです。『年数的にも、、、』や『この前の台風は凄かったけど、うちの屋根はどうなってるのかな?』と思ったら、一度点検されてはどうですか?
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755