オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根修理で火災保険を適用する条件や費用、注意点を教えます!


315ee202b5a8b30988bfd008f95e5457


台風などの自然災害によって、屋根の一部がめくれたり瓦が割れてしまったりする

被害に遭うことがあります。

 

そのような事態が発生した場合に、

屋根の修理に火災保険が適用されることをご存知でしょうか?

 

すべてのケースで保険金が支払われるとは限りませんが、

風災被害の条件に合えば実質0円で屋根を修理することができます。

 

この記事では、


「屋根修理で火災保険を利用するための条件」


「どのくらいの保険金がもらえるのか」


「屋根修理で火災保険を申請する手順」などを解説しています。

屋根修理で火災保険を利用するには?

d7a2ea0983d955f969efb820e3f5c2ac-e1566882256311


屋根修理で火災保険を利用するには、被害が「風災」によるものと認定される必要があります。

風災として保険金を受け取るためにはいくつかの適用条件があります。

火災保険には、大きく分けて3つの種類があり、保険会社によっても補償の内容は様々です。

 

  • 住宅火災保険
  • 住宅総合保険
  • オールリスクタイプ

 

「住宅火災保険」は、家屋や家財が対象で、火災や落雷、爆発事故、

破裂事故、風による災害、ひょう、雪による損害を補償してくれます。

 

「住宅総合保険」は、住宅火災保険に加えて落下物、衝突、盗難、水災、

水濡れなどによる損害を補償してくれます

 

「オールリスクタイプ」は、住宅総合保険でカバーできない敷地外を対象としたり、

小学の損害でも支払ってくれたりと広範囲に対応してくれます。

 

屋根の修理は、それぞれの火災保険にそなわっている「風災」を適用するのが一般的です。

以下では風災として保険金を受け取るための適用条件を見てみましょう。

 

  • 「最大瞬間風速20m/秒以上」の風で屋根が壊れた
  • 修理費用が20万円以上
  • 被害にあってから3年以内
  • 契約者本人が申請すること

 

以上の条件に当てはまる場合、風災として保険金を受け取れる可能性があります。


ただし、保険金の支払いは保険会社が決めますので上記に当てはまるとしても

必ず受け取れるわけではありません。

 

屋根修理で火災保険を適用した場合の保険料

費用1


火災保険を適用する場合で修理費用が20万円以上の場合は保険金が支払われる可能性があり、

実質0円で屋根修理できるケースもあります。

 

たとえば、修理費用(損害額)が19万円の場合は保険金が0円ですが、損害額が21万円の場合は、

21万円全額の保険金が受け取れることがあります。

 

屋根修理で火災保険を適用する際の注意点

dcf73fcb92538fade839914d5c3a0db7-1-e1570016823103


屋根修理に火災保険を適用する際には、注意しないと保険金が受け取れないこともあります。

申請において注意するべきポイントをご紹介します。

 

火災保険を申請する際には、火災保険の適用実績がある業者に依頼することが重要です。

保険を申請する場合には、被害の状態を第三者に判断してもらう必要があります。

 

保険に詳しい業者であれば、保険会社が納得する申請の仕方をアドバイスしてくれるでしょう。

火災保険の適用実績がない業者の場合、保険がおりない危険性があります。

経年劣化とは、建物が建設されてから年月が経ち、老朽化によって破損や汚損していくことです。

 

火災保険は、災害や事故などが起こった場合の損害を補償するものなので、

自然に劣化して破損した建物の補償はできません。

 

特に、築年数が50年以上などで老朽化の激しい建物は破損の原因を特定することが難しく、

経年劣化による破損と判断される可能性が高くなります。

 

屋根修理で火災保険を申請する手順

38dbe086c82f7602f12e92f78a5d138a-e1570017033842


火災保険で屋根を修理する際の、申請の手順を見てみましょう。

 

  1. 屋根の破損を発見したら専門業者へ連絡する
  2. 保険金申請の書類を準備する
  3. 保険会社に連絡して火災保険を申請する
  4. 専門業者と工事の契約をする
  5. 専門業者による工事
  6. 保険会社に工事内容を報告して保険金を受け取る

 

屋根の修理を依頼する業者を選定したら、火災保険の内容を確認し、

申請に必要な書類を準備します。

 

書類は、インターネットでダウンロードしたり、保険会社に電話をして

送ってもらったりしましょう。

 

初心者は自分で準備をしてしまいやすいですが、可能なかぎり業者に依頼してください。

 

保険申請の電話で1度でも失敗すると保険会社は2度と申請を通してくれないからです。

 

業者にアドバイスを貰って保険会社に事故の連絡をし、書類を提出して火災保険を申請します。

申請後、保険会社が現場の調査をしてくれるでしょう。

 

保険の申請が通ったら、屋根修理の専門業者と工事の内容をよく把握した上で契約します。

申請前に業者と契約すると保険金を出さない会社が多いため注意しましょう。

 

業者には申請前から契約を確約しておいて相談に乗ってもらいつつ、

正式な契約自体は保険確定後にするのが望ましいです。

 

工事が終わったら保険会社に報告書を提出して保険金を受け取りましょう。

受け取りまでには数週間かかります。

まとめ:屋根修理で火災保険を使うには業者選びが重要!

66b3ef90b9e0f3d52b7fe88b4016adf3-e1570017140686


自然災害が原因で屋根が破損した場合には、火災保険の「風災」を適用して

保険会社から保険金を受け取ることが可能です。

 

風災が適用できるかは、以下の条件に当てはまるかで確認しましょう。

 

  • 「最大瞬間風速20m/秒以上」の風で屋根が壊れた
  • 修理費用が20万円以上
  • 被害にあってから3年以内
  • 契約者本人が申請すること

 

火災保険の適用の実績がない業者では保険がおりない危険性があるので、

業者選びはとても重要です。

 

屋根の修理に火災保険を適用したい場合は、火災保険に詳しい業者を選ぶようにしましょう。

 

「街の屋根やさん鹿児島店」は宮崎県・鹿児島県において

火災保険の適用実績が豊富な屋根工事業者です。

 

南九州地域で火災保険を使った屋根工事を行う場合は安心して依頼できるでしょう。

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755