セメント瓦の経年的な劣化と危険性について



今回は、セメント瓦の年数が経っていくうちにどうなっていくのか、そして、それがもたらす危険性についてご説明させていただきます。

ご自宅の屋根は瓦ですか?

大抵のご自宅は、屋根が瓦でしたらセメント瓦や粘土瓦、また、メンテナンスフリーとも呼ばれる陶器瓦などがございますが、ほとんどのご自宅はセメント瓦だと思います。

ご自宅の屋根は、雨漏れしない限りは気にならないと思いますが、年数が経てばどうなっていくか、見ていきましょう!!


セメント瓦屋根の写真

まず、こちらの屋根をご覧ください。

もしかしたら、ご自宅のセメント瓦と見た目が違うと思いますが、こちらは洋風のセメント瓦になっております。

写真のみではとても綺麗に見えますね!

しかし、よく見てみると、、、、、


屋根のコケ

コケが生えてますね。

コケは基本、日当たりが良い場所に生えてきます。

日光浴を浴びないと成長いたしません。

そうなってくると屋根は日当たりが物凄くいい場所になってきます。

特に屋根の北側は、適度な日光と水分でコケの量が多い面になります。

このコケを放っておくと、屋根本来の水はけの機能が低下し、瓦の下地にダメージを与えてしまいます。

結果的に雨漏れに繋がってくるので、定期的な高圧洗浄等のメンテナンスが必要ですね。


屋根の剥離

少し見づらいとは思いますが、こちらは屋根全体の塗装が劣化しており、部分的に剥離も起こしております。

この『剥離』の状態になると、瓦のセメントの面がむき出しになってしまい瓦の劣化が進み、最終的に割れてしまいます。


最後に


いかがだったでしょうか?

ご自宅の屋根も気づかないうちに、こういった劣化が進んでいるかもしれません。

せっかくのご自宅、雨漏れ等から守りたくないですか?

定期的な点検と高圧洗浄や屋根塗装等のメンテナンスをオススメいたします!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755