オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装は火災保険で無料になる?注意点や補償範囲を解説


【鹿児島県曽於郡】大崎町にある住宅で屋根塗装の様子を紹介します!上塗り

「火災保険で屋根塗装が無料になる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

屋根塗装が無料になれば助かりますが、本当に火災保険が使えるのでしょうか?

 

この記事では、屋根塗装で火災保険が使えるのかどうかを解説していきます。

屋根塗装は火災保険で無料になるのか

【鹿児島県霧島市】郡田にある三角屋根の住宅でセメント瓦の塗装をおこないました!中塗り

結論として、経年劣化による屋根塗装は火災保険の対象外です。

しかし、火災保険の多くは、風災・雹(ひょう)災・雪災による屋根の「修理費用」には使えます。

例えば、風災によって破損した屋根材の交換や葺き替え、雨漏り修理などが対象です。

 

このため「火災保険で塗装代が無料になる」という業者の飛び込み営業には気を付けましょう。

 

屋根塗装で火災保険を悪用する業者は要注意

悪徳業者

近年、「住宅修理に保険金がつかえる」と勧誘する業者とのトラブルが増加しています。

国民生活センターや日本損害保険協会によると、トラブルの多くは下記のような内容です。

 

  • 保険金を払ったのに工事が行われない
  • 契約書の控えが渡されない
  • 保険会社に虚偽の申請をさせられた
  • 解約を求めたら高額の手数料を要求された

 

業者に勧誘されてもすぐ契約せず、まず保険会社や保険代理店に相談しましょう。

屋根塗装で使えるか自宅の火災保険の補償範囲を確認しよう

66b3ef90b9e0f3d52b7fe88b4016adf3-e1570017140686

塗装工事を予定しているのなら、契約している火災保険の補償範囲を確認しておきましょう。

屋根塗装だけでは火災保険がおりる可能性は低いですが、塗装前の点検で風災による損害が見つかる可能性はあります。

 

一般的な火災保険は、火災のほか、風災、雹災、雪災、落雷によって家屋が受けた被害を補償します。

保険法では、災害から3年間が補償対象期間です。

そのため、1~2年前に受けた損害や、工事を済ませた後でも申請できる可能性が高いです。

 

ただし、保険によって独自の補償期間を設定していたり、一定額以上の修繕費のみが補償されたりする場合があります。

自宅の保険の申請条件もチェックしておきましょう。

 

なお、地震や津波、噴火による損害は、火災保険ではなく地震保険によって補償されます。

まとめ:屋根塗装だけでは火災保険はおりない

リフォーム 悪徳業者

経年劣化による屋根の塗装工事には、火災保険は適用できません。

 

しかし、日本では、風災などで損害を受けるリスクは高く、風災の修理費用には火災保険が使えます。

また、火災保険の補償内容と条件を理解していれば、悪徳業者にだまされることもありません。

いざという時のため、自宅の火災保険の内容を把握しておきましょう。


【一緒に読みたい記事】

「屋根塗装の費用を安くする3つの裏技をチェックして節約しよう」 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755