オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の補修は塗装とカバー工法どちらがベスト?メリットとデメリット、費用などを詳しく解説


 

「屋根の補修を検討しているが、塗装とカバー工法どちらにするべきか知りたい」

「屋根の塗装とカバー工法について、メリットとデメリット、費用をそれぞれ知りたい」

 

屋根を補修する際、塗装かカバー工法のどちらを行うか、お悩みの方も多いことでしょう。

補修方法を間違えないためにも、塗装とカバー工法を行うタイミングやメリット、デメリットなどを理解しておきましょう。

この記事では、屋根の塗装とカバー工法について、以下のような情報を解説します。

 

  • 屋根の塗装とカバー工法を行うべきタイミング
  • 屋根を塗装するメリットとデメリット
  • カバー工法のメリットとデメリット
  • 屋根の塗装とカバー工法にかかる費用相場

 

屋根の塗装とカバー工法について基礎知識を持っておくことで、正しい補修方法を選択でき、工事の失敗を未然に防げるでしょう。

屋根の塗装とカバー工法をそれぞれ行うべきタイミングとは

【鹿児島県肝属郡肝付町】前田にある瓦屋根の住宅で屋根塗装をします屋根上塗り_1_確定

 

屋根の塗装とカバー工法を行うべきタイミングについて解説していきます。

現在の住宅の屋根補修には、どちらの方法を取るべきかチェックしてみてください。

 

塗装

 

屋根の補修で塗装するべきタイミングは、主に以下のような症状が現れたときです。

 

  • 色褪せ
  • 塗膜の剥がれ
  • サビ
  • コケやカビ
  • チョーキング
  • 前回の塗装から10年前後

 

チョーキングとは、塗料の顔料が粉状になって屋根の表面に現れる劣化現象です。

触れた際、白い粉が指に付いたらチョーキングが起きていると言えます。

 

屋根にチョーキングや色褪せ、コケなどの劣化症状が現れている場合、そのまま放置していると雨漏りの原因となります。

屋根に上記のような劣化症状が現れたら、塗装して補修するようにしましょう。

 

また、塗料によって多少異なりますが、屋根の塗装の耐用年数はおよそ10年前後が目安です。

前回の工事から10年ほど経過している場合、屋根の耐久性を上げるためにも、再度塗装する必要があります。

カバー工法

 

屋根の補修でカバー工法をするべきタイミングは、主に以下のような症状が現れたときです。

 

  • 屋根材のヒビや欠け
  • コケやカビの発生
  • 雨漏り

 

カバー工法は、塗装では屋根材を完全に補修できない場合に行います。

 

屋根を塗装するメリットとデメリット

c5d8c17ef171dd7bc468f79989c630e8-24-e1596612432848

 

屋根を塗装するメリットとデメリットを紹介します。

屋根塗装の特徴について、確認しておきましょう。

メリット

 

屋根塗装のメリットには、以下の2つがあります。

 

  • 費用を安く抑えられる
  • 工事が手軽

 

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

 

屋根の塗装は、カバー工法に比べると工事の手間や材料費がかからないため、費用を安く抑えられます。

屋根の補修方法の中では、一番費用が安く済む工事が塗装です。

 

塗装の場合、新しい屋根材を設置する工事が不要なため、手軽に作業できます。

屋根からの落下物の危険も少なく、騒音も出ないため、ご近所トラブルの心配もほとんどありません。

デメリット 

 

屋根塗装のデメリットには、以下の3つがあります。

 

  • 屋根の劣化は補修できない
  • 短期間での再メンテナンスが必要
  • 将来的にかかる費用が高くなる

 

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

 

塗装の場合、塗料を塗ることで屋根の強度を上げられても、劣化は補修できません。

屋根の劣化がひどい場合には、塗装ではなくカバー工法を行うことになります。

 

塗装を行っても、塗料の耐用年数より前に再メンテナンスが必要になります。

塗料の耐用年数は10年前後が目安なので、カバー工法よりも短期間で再塗装を行うことになります。

塗装を行って補修しても、いずれは新しい屋根への交換が必要なので、将来的にかかる費用が高くなります。

今は出費を抑えたいという場合には塗装がおすすめですが、屋根工事にかかる合計金額は下げたいという方は、カバー工法を選びましょう。

屋根の塗装はどんな人におすすめ?

屋根の塗装は、以下のような人におすすめです。

 

  • 費用を安く抑えたい
  • 大掛かりな工事をしたくない

 

新しく屋根を設置するための費用を今は出せないとお考えの方は、塗装で補修可能か業者に相談してみましょう。

屋根をカバー工法で補修するメリットとデメリット

カバー工法 仮設足場設置

 

屋根をカバー工法で補修するメリットとデメリットを紹介します。

カバー工法の特徴について、確認しておきましょう。

 

メリット

 

屋根のカバー工法のメリットには、以下の3つがあります。

 

  • 屋根の外観が美しくなる
  • 屋根の耐用年数が延びる
  • 雨漏りの心配がなくなる

 

それぞれのメリットについて、詳しく解説していきましょう。

カバー工法では、新しい屋根材を設置するため、外観が美しくなります。

塗装では補修しきれない、屋根の小さな破損も気にならなくなるでしょう。

 

カバー工法を行った場合、屋根の強度が上がり、耐用年数が延びます。

カバー工法を行った後の屋根の耐用年数は、およそ20年前後です。

塗装に比べると、より長く安心して暮らせます。

カバー工法を行った場合、新しい屋根材で屋根をカバーできるため、雨漏りの心配がなくなります。

塗装では屋根の劣化を完全に補修できないため、雨漏りが不安な方はカバー工法を選ぶようにしましょう。

デメリット

 

屋根のカバー工法のデメリットには、以下の2つがあります。

 

  • 費用が高くなる
  • 住宅に負担がかかる

 

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきましょう。

カバー工法を行う場合、新しい屋根材や工事に必要な道具などの費用がかかるため、塗装よりも金額が高くなります。

また、屋根が広いと工期が長くなるため、その分人件費もかかります。

カバー工法を行った場合、屋根の重さが増えて住宅に負担がかかります。

屋根が重たくなると、地震の際に住宅が倒壊する危険性が上がるというデメリットもあります。

そのため、カバー工法を行う際はできるだけ軽い屋根材を選ぶことをおすすめします。

 

屋根のカバー工法はどんな人におすすめ?

 

屋根のカバー工法は、以下のような人におすすめです。

 

  • 新しい屋根材を設置して外観を美しくしたい
  • 屋根の耐用年数を延ばしたい
  • 雨漏りの不安を取り除きたい
  • 屋根工事にかかる費用は気にしない

 

カバー工法は塗装よりも費用がかかりますが、外観が美しくなったり、雨漏りの心配がなくなったりなどメリットは大きいです。

予算に余裕がある方は、カバー工法を選ぶといいでしょう。

屋根の塗装とカバー工法にかかる費用相場

屋根カバー工法 費用

 

屋根の塗装とカバー工法にかかる費用相場を、解説していきます。

ただし、実際にかかる費用は使用する材料や業者によって異なります。

 

塗装にかかる費用相場

屋根の塗装にかかる費用相場は、1平方メートルあたり2,400~4,000円ほどです。

費用の内訳には、高圧洗浄や下地調整の値段も含まれています。

 

カバー工法にかかる費用相場

 

カバー工法にかかる費用相場は、1平方メートルあたり8,000~10,000円ほどです。

内訳には、屋根材のほかに足場の設置代も含まれています。

 

屋根の塗装とカバー工法の違いを知り、住宅の寿命を延ばそう

屋根のカバー工法

 

屋根の補修方法を間違うと、雨漏りの原因になったり、短期間での再メンテナンスが必要となったりします。

屋根に劣化症状が見られたら、塗装とカバー工法のどちらを行うべきか、専門の業者に相談するようにしましょう。

きちんと屋根を補修することで、雨漏りや腐食を防ぎ、住宅の劣化スピードを遅らせられるでしょう。


鹿児島市や周辺地域で屋根工事をする場合は「鹿児島市で屋根・外壁塗装をするなら」もご覧ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755