オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の下塗り塗料ごとの費用相場!相場感を知って正しく見積もりをチェックしよう


「屋根塗装の見積もりにある『下塗り』ってなんだろう」

「下塗りの費用の相場はいくらなのかな」

見積書を見てそう思った方も多いのではないでしょうか?

 

相場感を知っていると、正しく見積書を読むことができます。

この記事では、以下を解説しています。

 

  • 屋根塗装の下塗り工程とは
  • 下塗りが必要な理由
  • 下塗りの塗料ごとの費用相場

 

屋根塗装の仕組みや本当に必要な工程、金額を理解して、よりよい屋根塗装工事にしましょう。

 

見積もり費用に必ず入っている屋根の下塗り工程とは?

【鹿児島県霧島市】隼人町にあるアパート3棟のうち、B棟で屋根・軒天・雨樋の塗装をおこないました!下塗り

下塗り作業は、屋根材の表面を整えて、中塗り・上塗りの塗料との密着性を高めるために必要な工程です。

 

防水機能やアルカリ止め、コンクリートの灰汁止め、断熱機能など、さまざまな機能があります。

 

もし、下塗りを行わなかったら、密着していない塗料はムラになったり、すぐにはがれたりして、屋根の機能が低下してしまうでしょう。

 

せっかく足場を設置して行った屋根の塗装も無意味になってしまいます。

屋根の素材によって、最適な下塗り塗料が変わるので、まずは業者の説明を聞いてみるといいでしょう。

屋根における下塗りの塗料ごとの費用相場を紹介

【鹿児島県曽於郡】大崎町にある住宅で屋根塗装の様子を紹介します!下塗り

屋根の下塗り塗料には、主にシーラーとプライマーがあります。

 

 

平方メートル単価

屋根の素材

シーラー

600700

セメントやスレートなど窯業系の屋根

プライマー

700900

ガルバリウム鋼板やトタンなどの金属屋根

自宅の屋根の素材によって、下塗りの塗料が変わってきます。

屋根の下塗りにおける費用感を知って見積書を確認しよう

瓦屋根下塗り塗装中の様子

屋根の下塗りは、屋根の塗装を長持ちさせるうえで必要な工程です。

相場感を知っておくと、見積もりを理解しやすくなります。

 

屋根材の種類や状態によっても、下塗り塗料の選び方は変わってきますので、なぜこの塗料なのかを説明してくれる親切な業者を選びましょう。


【一緒に読みたい記事】

「屋根塗装の費用を安くする3つの裏技をチェックして節約しよう」

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755