オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ベランダの雨漏り修理に火災保険は使える?直す際の注意点もお教えします!


「ベランダの雨漏りを修理する際に火災保険が使えるか知りたい」

「火災保険の申請を考えているため手続きの際の注意点が知りたい」

 

そんなあなたへ、ベランダの雨漏り修理に火災保険を使う場合の条件と、注意点を紹介します。

保険会社は、できるだけ保険金を出したくありません。

そのため、保険金を受け取るためには少々面倒な条件が付いてきます。

ただし、3つの条件さえクリアできれば保険金がおりて、自己負担ゼロでベランダの雨漏りを修理できるでしょう。

 

あなたの家のベランダの雨漏り修理には適用できるのか、この記事を読めばスッキリ解決するでしょう。

 

ベランダの雨漏りは火災保険で直せる?

ベランダトップの傷み

ベランダの雨漏りは、条件が揃えば火災保険が適用されます。

条件はいくつかあり、それぞれクリアできるかが保険金を受け取るためのポイントとなります。

ただし、経年劣化による雨漏りと判断された場合は、火災保険の適用はされません。


特に、ベランダの床や壁は経年劣化によって雨漏りしやすいため、補償の対象外となる場合が多いです。

ただし、自然災害により劣化しつつあった床や壁にヒビが入った結果、雨漏りしたという場合は別です。

火災保険の補償対象となる可能性もでてきます。


ベランダの雨漏り修理を火災保険で行うための条件

ベランダの様子

ベランダの雨漏り修理が、火災保険の申請に通るための条件は以下の3つです。


・破損原因が風災・雪災・雹災(ひょうさい)

・被害から3年以内

・修理費用が20万円以上


それぞれの条件の内容を、詳しく紹介します。


破損原因が風災・雪災・雹災(ひょうさい)

破損原因が自然災害の風災や雪災、雹災で雨漏りが起きた場合は、火災保険が適用されます。

たとえば、突風による飛来物でベランダに傷が入り、そこから雨漏りが発生した場合です。

また、積雪によりベランダ屋根が壊れて、壁が損傷して雨漏りが発生した場合も火災保険の補償対象となります。

 

火災保険を申請できるように、ベランダの雨漏りの原因が自然災害だと証明する必要があります。

業者へ依頼して、ベランダの雨漏りの原因を調査してもらいましょう。

 

被害から3年以内

火災保険の申請ができるのは、被害を受けてから3年以内となっています。

そのため、被害の発生から3年が経過してしまう前に、火災保険を申請する必要があります。

まずは破損の原因の究明が重要なため、業者へ現地調査をお願いしましょう。

修理費用が20万円以上

ベランダの雨漏りを直すための修理やリフォームにかかる工事費が20万円以上の場合、火災保険が適用可能です。

 

多くの火災保険では、修理費用が20万円以上の場合のみを補償対象としているのです。

しかし、保険によって補償内容が異なります。

現在加入している火災保険の内容を確認しましょう。

 

ベランダの雨漏りを火災保険で直す際の注意点

ベランダ補修工事

ベランダの雨漏りを火災保険で直す際、気をつけたいポイントは以下の2つです。

 

・早めに保険会社に連絡する

・火災保険を使った修理になれている業者に依頼する

 

それぞれのポイントの内容を詳しく紹介します。

 

早めに保険会社に連絡する

被害から3年を過ぎてしまうと補償対象から外れてしまうため、損害や被害に気づいた時点で早めに保険会社へ連絡しましょう。

時間が経ってしまうと、破損の原因の究明が難しくなり、調査に時間がかかる可能性もあります。

また、原因が究明されなければ、実際は火災保険の補償対象であったとしても保険金が受け取れないこともあります。

 

火災保険を使った修理に慣れている業者に依頼する

火災保険を使った修理に慣れている業者に依頼することで、申請ミスを防げます。

火災保険を使った修理に慣れていない業者に依頼すると、書類の不備や間違いがあり、保険金がおりない場合があります。

火災保険に慣れている業者であれば、注意すべきポイントも把握しているため、大きなミスや不備は発生しにくいでしょう。

 

また、火災保険を使用することに慣れていない業者は、不要な工事を組み込んでしまう恐れがあります。

不要な工事が組まれてしまうと、補償の対象外となってしまう可能性があるので注意が必要です。

災害で発生したベランダの雨漏りは火災保険で直せる!

ベランダ塗膜補修工事

ベランダの雨漏りは自然災害が原因の場合、火災保険で直すことが可能です。

損害の発生から3年以内であること、工事費用が20万以上であることも条件になるため確認しておきましょう。

 

また、ベランダの雨漏りの原因は専門業者に依頼できます。

火災保険を使ってベランダの雨漏りを修理してもらう場合、施工する業者選びが重要です。

火災保険を使った修理に不慣れな業者だと不備が多く、補償対象から外れる可能性もあります。

そのため、火災保険の申請を熟知している業者へ依頼するようにしましょう。

鹿児島市で屋根修理を依頼したい方はぜひ街の屋根やさん鹿児島店にご相談ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755