オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

おしゃれな屋根デザイン2種類をメリット・デメリットとともに紹介


鹿児島市屋根の葺き替え完成

 

「おしゃれな屋根にしたいけど、どんなデザインがいいの?」

「屋根のデザインごとに、どんなメリットやデメリットがあるの?」

 

上のような疑問をお持ちの方、多いのではないでしょうか。

 

住宅の見た目を大きく決定づけるのが、屋根のデザインです。

屋根のデザインには様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

 

この記事では、建築士の国家資格所有者が疑問を解消します。

具体的には、以下の内容を記載しています。

 

  • 住宅の見た目と屋根のデザインの関係
  • デザイン性に優れた屋根の種類
  • 屋根デザインごとのメリットとデメリット
  • 屋根デザインごとの向いている住宅

 

記事を読んで、屋根選びの参考にしてください。

住宅の見た目は屋根のデザインで決まる

野地板

屋根のデザインは、住宅の見た目を変える大きな要素のひとつとなります。

 

建物の正面のことを建築用語でファサードと呼びます。

屋根は住宅のファサードの形状を決定づける重要な要素となるでしょう。

このため、住宅の外観にとって屋根のデザインは重要です

 

屋根のデザインには色や素材などの要素がありますが、中でも一番大切なのは形状です。

 

自分の求めているテイストの外観にするためにも、屋根の形状の種類を学びましょう。

デザイン性に優れた屋根の種類

鹿児島市 屋根調査の様子

屋根のデザインにはいくつかの種類がありますが、特におしゃれな屋根を2つピックアップしてご紹介します。

具体的には、以下の2つの屋根のデザインを紹介していきます。

 

  • 片流れ屋根
  • 入母屋屋根

 

詳しくチェックしていきましょう。

片流れ屋根

片流れ屋根は、一方向に屋根が流れている形状のことです。

1枚の屋根で構成されているので、切妻屋根よりさらにシンプルなデザインにできます

 

昔からあるオーソドックスな屋根ではありますが、最近ではスタイリッシュなデザイン住宅に多く使われています。

片流れ屋根のメリットは以下の通りです。

 

  • 屋根裏やロフトのスペースをとりやすい
  • 太陽光パネルを設置できる

 

片流れ屋根は片側に流れた屋根形状のため、屋根裏を高く確保できます

屋根裏の高さを確保できると、屋根裏部屋を作ったり、ロフトを作ったりと屋根裏部分を有効活用した設計が可能になります。

 

また、片流れ屋根は屋根面積を大きくとれるため、太陽光パネルを設置しやすい屋根形状です。

 

広い面積の屋根を利用することで太陽光パネルをたくさん設置でき、省エネルギーな環境住宅にできます。

片流れ屋根のデメリットは以下の通りです。

 

  • 屋根勾配をつけすぎると高さ制限にひっかかる可能性がある
  • 雨樋のメンテナンスがこまめに必要

 

一方向に流れる屋根に勾配をつけすぎると、屋根の頂点が高くなってしまいます。

 

建築法規や条例では、その敷地に建てられる建物の高さが規定されているので、勾配を大きくしすぎると規定に抵触し、そもそも家が建てられなくなる可能性があります。

 

屋根の流れに沿って雨水も一定方向に流れます。

大雨が降った場合などは屋根部分で雨水を受ける「雨樋」に、大量の雨水が流れ込むことになります。

 

そうした場合に、雨樋の中に落ち葉などが溜まっていると雨水が溢れ出してしまいますので、雨樋がいつも綺麗な状態を保てるよう、こまめなメンテナンスが必要になります。

片流れ屋根は、平屋の住宅のデザインによく合います

片流れ屋根を背の高い住宅に用いると、屋根勾配によって屋根の最高の高さがかなり大きくなってしまうので、背の低い平屋住宅に適しています。

 

また、片流れ屋根は間口の小さな住宅のデザインにも合います。

間口とは建物の短辺方向の寸法のことです。

片流れ屋根は通常、間口の方向に屋根をかけます。

 

間口が小さい住宅であれば屋根の高さも抑えられるので、スタイリッシュな片流れのデザインにできます。

入母屋屋根

入母屋屋根は日本に古くからある屋根形状の一つです。

寄棟屋根の上に切妻屋根を乗せたような形状をしています。

和風住宅によく使われており、神社などの格式高い日本の建物にも多く見られます。

入母屋屋根のメリットは以下の通りです。

 

  1. 格式高いデザインにできる
  2. 構造的に強く断熱性も高い

 

屋根が2重構造になっていて複雑な形状をしているので、重厚感の出た格式高いデザインにできます

 

また、屋根の二重構造は断熱効果も高く、瓦と組み合わせることで構造的にも強い屋根になるでしょう。

 

入母屋屋根のデメリットは以下の通りです。

 

  1. 建設コストが高い
  2. 施工技術が低いと雨漏りしやすい

 

入母屋屋根は屋根形状が複雑なため、施工には高い技術を要し、その分建設コストがかかる傾向にあります

 

また、棟が多い上に屋根と屋根の重なり部分が多いため、施工技術が未熟な場合には複雑な納まりの部分からの雨漏りが発生しやすくなります。

入母屋屋根は、純和風の住宅に合います。

純和風の外壁や開口を取り入れた住宅には、和風で格式高い入母屋屋根のデザインがおすすめです。

 

また、入母屋屋根は複雑な屋根形状にも対応できるので、建物形状がいびつな場合にも適しています。

まとめ:特徴を理解して屋根のデザインを選ぼう!

コロニアル屋根2

屋根の種類は様々で、屋根のデザインごとにメリットもデメリットも様々あります。

地域や好み、住宅の形状や外観などによっても、どんな屋根が適切なのかは異なります。

 

この記事を読んで、屋根の種類ごとの特徴をよく理解して、好みの屋根デザインを選びましょう。

 

屋根材にスレートを使いたい人向けに「スレート屋根のメンテナンスやリフォーム価格を細かく解説!安くするコツも紹介」という記事もあります。

興味があればぜひ読んでみてください。

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755