オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根はグレー色がおすすめ!相性が良い外壁の色も紹介


屋根の漆喰傷み補修

「屋根をグレーにしようと思っているけど、本当に良いのかな?」

「屋根をグレーにすることのメリットとデメリットを知りたい」

 

こういった疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?

グレーの屋根はよく見かけますし、オシャレな雰囲気があるので、屋根をグレーにしようと思っている人は多いでしょう。

この記事では、以下の情報を解説します。

 

  • 屋根がグレーであるメリット
  • 屋根がグレーであるデメリット
  • グレーの屋根と相性が良い外壁の色

 

今回の記事を読んで上記を把握しておけば、屋根色をグレーにして失敗することを避けやすくなるでしょう。

 

屋根がグレーであるメリットは?

鹿児島市 セメント瓦の屋根

屋根がグレーであることのメリットはいくつかあります。

今回の記事では大きなメリットを2つほど紹介いたします。

 

  1. 熱がこもりにくい
  2. 外壁は好きな色を選べる

 

それぞれの詳細を、お伝えしていきます。

熱がこもりにくい

グレーの屋根は、熱がこもりにくく、家の中が暑くなるのを避けられるメリットがあります。

 

ブラックが熱を吸収しやすく、ホワイトが熱を吸収しにくいのですが、壁色との合わせやすさから、ホワイトよりグレーを選ぶ人が多いようです。

 

金属屋根の色見本によると、グレーはブラックより17%ほど日射反射率が高いとされています。

他の色と比べてみても、グレーは日射反射率が非常に高いです。

 

屋根の色によっては、熱を吸収して家の中を暑くすることに繋がりかねません。

 

屋根色をグレーにすることによって、夏でも涼しく快適にすごしやすくなる可能性が高まります。

外壁は好きな色を選べる

屋根がグレーだと、外壁は好きな色を選びやすいでしょう。

なぜかというと、グレーは他の色との相性が良いといわれているからです。

さらに、グレーでも色の濃淡によって、さまざまな種類があります。

 

今回の記事の最後に、グレーの屋根と相性が良い外壁の色を紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

屋根がグレーであるデメリットは?

鹿児島市屋根塗装工事の様子

屋根がグレーであることのデメリットは主に以下の2つです。

 

  1. 光の影響を受けやすい
  2. 他の家と似かよってしまう

 

それぞれの詳細を、お伝えしていきます。

光の影響を受けやすい

グレーの種類にもよりますが、日光の当たり具合や見る角度によっては白やシルバー、黒に見えやすいです。

 

しかし、「夏の晴れた日の16時頃だけ違う色に見える」という程度なので、過度に気にする必要はないでしょう。

他の家と似かよってしまう

瓦屋根などでグレーの屋根の住宅は多いため、独自性のある家にするのが難しくなります。

ただし、屋根がグレーだと壁の色は好きな色を選びやすいです。

壁の色と合わせて他の家との差別化を狙うと良いでしょう。

グレーの屋根と相性が良い外壁の色

霧島市国分 セメント屋根塗装完成の様子

ここからは、グレーの屋根と相性が良い外壁の色を3種類紹介します。

家全体の雰囲気選びに、ぜひ参考にしてみてください。

 

  1. ブラウン
  2. ネイビー
  3. ホワイト

 

それぞれ詳しく紹介していきます。

 

ブラウン

外壁をブラウンにすることで、落ち着いた雰囲気の家にしやすいです。

雨樋をホワイトにすればアクセントとるため、オシャレ感がアップするでしょう。

ネイビー

外壁をネイビーにすることで、モダンな雰囲気の家にしやすいです。

都会と田舎のどちらにもマッチするので、家を建てる場所を選ばなくてすみます。

 

ホワイト

外壁をホワイトにすることで、高級感のある家を演出しやすいです。

ホワイトは爽やかな印象も与えるため、気分も明るくなるでしょう。 

グレーの屋根はデザイン性と遮熱性が欲しい人におすすめ

ガルバリウム鋼板屋根

グレーはデザイン性を維持しつつ耐熱性にも配慮した色と言えるでしょう。

他の家との差別化が難しいデメリットはありますが、外壁の色で独自性を出すことは可能です。

室温の上昇を防止したい人はぜひ遮熱性能が高いグレーの色を選んでみましょう。

 

「おしゃれな屋根デザイン2種類をメリット・デメリットとともに紹介」ではデザインに優れた屋根を紹介しています。

色選びで迷っている人は読んでみてください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755