オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿児島で行われている屋根のリフォーム工事とは


鹿児島も台風被害が多く発生し屋根の一部修理や屋根の葺き替え工事を
検討された方も多いのではないでしょうか。

今回は葺き替え工事に関してご紹介します。

屋根のリフォーム工事とは

屋根工事中の雨
屋根のリフォーム工事とは大きく分けて3つあります。

・葺き替え
・葺き戻し
・重ね葺き

の3種類です。
それぞれどのような工法でしょうか。
1つずつご紹介します。
鹿児島市葺き替え工事下地施工
葺き替え工事は既存の屋根を撤去し下地から施工する方法です。

屋根のリフォーム工事の中では一番大掛かりな工事になります。
工事は5日程度で完了します。

屋根の葺き替え工事は仮設足場の設置が必須です。
職人の命を守り工事中の騒音を少しでも防止するために行います。

瓦葺き戻しの様子
屋根の葺き戻し工事は既存の瓦を撤去し、廃棄せずに下地施工が終わったら
既存の屋根材を再び被せる方法になります。

この方法は粘土瓦屋陶器瓦のメンテナンスフリーの屋根材の場合に使用される工法で
セメント瓦やコロニアルの場合は使用することは、ほとんどありません。

工事期間は葺き替えと同じで5日程度かかり場合によっては葺き替えより数日増えることもあります。

鹿児島市セキスイU瓦の葺き替え工事
次に重ね葺きという工法をご紹介します。カバー工法ということもありますね。

重ね葺きは既存の屋根材の上に防水シートを貼り新しい屋根材を上から被せていく方法です。
写真はトタン屋根の上にセキスイU瓦を施工している様子になります。

この工法はトタン屋根やコロニアルなどの薄型軽量の屋根材の場合にできる工法になります。
瓦屋根は重量もあり更に分厚い為、上から施工していくことはできません。

今人気の屋根材:防災瓦とは

瓦を固定していく 
現在葺き替え工事で一番選ばれている屋根材は「防災瓦」と呼ばれる陶器瓦です。

メンテナンスフリーでランディングコストを抑えることができます。
コロニアルなどからこちらの防災瓦へ葺き替える方も多くいらっしゃいます。


防災瓦のについて詳しく知りたい方は

まとめ

鹿児島市の葺き替え工事撤去の様子
屋根の葺き替えといってもいろいろな種類があります。

家によって屋根材も違い下地の傷み方も変わってきます。
しっかりと専門の業者で屋根の診断を行い、適切な屋根の葺き替えを
行うことで長く安心安全に住み続けることができるでしょう。

街の屋根やさんには屋根に関するたくさんのコンテンツがありますので
他の記事も是非参考にしてみて下さいね!

あわせて読みたい記事

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755