オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

横暖ルーフとは何?特徴やメリット、デメリットなどを詳しく解説!


 

「横暖ルーフとはどんな屋根材か知りたい」

「屋根を横暖ルーフにするメリットやデメリットが知りたい」

 

横暖ルーフと聞いても、一体どんな屋根材なのか分かりにくいでしょう。

屋根は設置後すぐの交換が難しいため、どんな特徴やメリット、デメリットがあるのか知っておくと安心です。

この記事では、横暖ルーフについて以下のような情報を解説します。

 

  • 横暖ルーフとは?
  • 横暖ルーフのメリットとデメリット

 

横暖ルーフの基礎知識を知り、屋根工事の失敗を避けましょう。

横暖ルーフとは?

横暖ルーフとは、ガルバリウム鋼板の屋根材です。

ニチハ株式会社が製造、販売を行っており、耐用年数は40~50年もあります。

断熱性や耐候性が高く、長期保証が付いた屋根材なので、設置後も安心して暮らせます。

 

横暖ルーフは粘土瓦の10分の1ほどの重さなので、住宅に負担をかけませんし、軽量なのでカバー工法にもおすすめの屋根材です。

横暖ルーフは、以下の4つのタイプが販売されています。

 

  • 横暖ルーフS
  • 横暖ルーフαS
  • 横暖ルーフプレミアムS
  • 横暖ルーフαプレミアムS

 

それぞれの特徴を紹介していきましょう。

横暖ルーフS

横暖ルーフSは、断熱性の高さが特徴の屋根材です。

遮断鋼板と断熱材を合わせた屋根材で、耐久性にも優れています。

カラーはブラック、ブラウン、グリーンの3色展開です。

横暖ルーフαS

横暖ルーフαSは、屋根材のジョイント部分の気密性を高めた構造の屋根材です。

屋根の気密性が高いと、住宅の室内温度が一定に保たれます。

室内温度が一定だと、エアコンの効きが良くなるため、電気代の節約にもなります。

 

また、屋根材の厚みが最大で17ミリもあるので、断熱性も高いです。

カラーは、ブラックとブラウン、グリーンやギングロの4色展開です。

横暖ルーフプレミアムS

横暖ルーフプレミアムSは、フッ素樹脂遮熱鋼板でできた屋根材です。

フッ素樹脂遮熱鋼板とは、フッ素樹脂塗料に遮熱顔料を配合して、鋼板に焼き付けた建て材です。

塗料に遮熱顔料を配合することで、断熱性と耐候性に優れた屋根材となります。

 

カラーは、ブラックとブラウン、グリーンの3色展開です。

横暖ルーフαプレミアムS

横暖ルーフαプレミアムSは、フッ素樹脂遮熱鋼板でできており、屋根材のジョイント部分の気密性も高めています。

言わば、横暖ルーフシリーズの最高レベルの屋根材です。

 

カラーは、ブラックとブラウン、グリーンの3色展開です。

横暖ルーフのメリットとデメリット