オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根・外壁まるで新築のように生まれ変わりましたin志布志市


工事のきっかけ

2015年の台風で、近くの小学校体育館の屋根が飛んできて破損してしまいました。気にはなっていましたが、そのまま放置していました。2017年に塗装依頼し現場調査の際火災保険が使えることを知り申請し屋根は塗装からカバー工法へ兼行しました。

志布志市 屋根カバー工事,外壁塗装

ビフォーアフター

before
既存全体図
horizontal
after
完成全体図

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,外壁塗装
施工期間
2週間から3週間
使用材料
施工内容その他
築年数
25年~35年
保証年数
工事費用
150万~170万
建坪
35坪
ハウスメーカー

現場の調査

既存状況
屋根はコロニアル外壁は金属サイディングが使われている2階建ての家です。

屋根の傷みの状態です。
割れがおこり、釘が浮いてきてしまったりなど、発生しつつあります。
割れのある個所
コロニアル クラック
こちらがクラック ( ヒビ割れ ) の状態です。
赤丸の部分がクラックが生じていた場所になります。
クラックをそのままにしておくと、そこから水が入り
防水の力を果たしている防水シートが破れてきてしまったりします。
雨漏れの原因になる恐れがあります。

また、劣化が進みコロニアルが割れると破片などが、下に落ちてしまう可能性もあります。
早めの補修対処が必要になってきます。
板金
少しわかりにくいかもしれませんが、板金のところから釘浮きが発生してきております。
雨や風、台風の影響で釘が浮いてくる可能性が考えられます。
こういった釘の浮きからも雨水が侵入してきてしまいますので、しっかりと補修をしていく必要があります。
コロニアル
コロニアル屋根無料点検
こちらが小学校の体育館の屋根が飛んであたり、割れてしまった場所になります。
ここは、そのまま防水シートを張るのではなく、残っておるコロニアル部分に新しいコロニアルを差し替え、
補修を行っていきます。

カバー工法 工事

さて!!
ココから屋根のカバー工法を行っていきます。

足場を建て、高圧洗浄をしていきます。
湿気があるままカバーをしてしまいますと、その湿気により内部が腐食していってしまう可能性があります。
そのため、しっかりと乾燥しているのを確認したのち、防水シートを張り付けていきます。
防水シート
防水シート貼り
いよいよ防水シートを施工していきます。
防水シートは片面に粘着の力がついているものを施工していきます。
カバーの工法の場合は粘着の力があるものを使うことによって、
コロニアルの内部まで水を通さないようにする必要がありますので、
しっかりコロニアル本体と密着させていきます。

防水シート貼り
空気が中に入らないように防水シートを施工していきます。

軒先
軒先を補修していきます。
コロニアルをきれいに包むようにして施工していきます。コロニアルをむき出しにしたまま、施工していくと、そこから水が侵入していきます。
そうすると、そこから腐食してしまいます。
そうならないように包むようにし、内部に水が侵入しないようにします。
ガルバリウムクレーンあげ
ガルバリウム鋼板を屋根上に下ていきます。
コロニアルや陶器などの瓦に比べ、梯子を使って上にあげたりなどしていくのは難しいです。
そのためクレーン車を使用して、屋根の上まで上げていきます。
コロニアル 差し替え
学校の体育館の屋根が飛び、割れたところに関しては新しいコロニアルを差し込み補修していきます。

カバー工法
ガルバリウム カバー
ガルバリウム鋼板を一枚一枚嚙み合わせて施工していきます。

棟
棟工事を行っていきます。

外壁塗装

コーキング
コーキングを補修をしていきます。
縦の目地に関して、取り外していきますが、すべての縦目地を取り外していくと100m以上の撤去が行われるいえがほとんどです。
今回は「オートンイクシード」と呼ばれる、耐久年数30年といわれているものを施工していきました。
下塗り
中塗り塗装府
右の写真が下塗り、上の写真が名管理になります。
同じ白色で少し、わかりにくいかもしれませんね。
今回使用していった外壁の下地材、上塗り剤が「マイルドボーセイ」「エスケープレミアムNADシリコン」と呼ばれる塗料を使用しております。
マイルドボーセイとは通常私たちが使用しているものと違うものを使用して行きました。
それは、通常のサイディングボードとは違い金属性のサイディングボードでした。金属性のものに
通常私たちが使用している下地剤を施工していくと密着が弱く剥がれや膨れなどが発生してしまう可能性があります。
そのため、金属性のものに密着がよく、また腐食に強くサビなどを抑制sてくれる力が備わっています。
工事途中のブログ 


カバー工法 (ガルバリウム張り) :http://machiyane-kagoshima.com/blog/sibusi-garuba-2018-7-18.html








【工事完了後】

完成後
白色の外壁の真ん中に赤色の帯が回っています。
青色の雨樋とかどが茶色というとても魅力的な雰囲気に仕上がりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

日置市伊集院町で屋根カバー工法と外壁塗装を行いました。

5489654-2-1
完工写真
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
10年前後
建坪
保証
工事費用
200万~250万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根リフォーム カバー工法

先日ご紹介したカバー工法の続きをご紹介します。前回の工事はこちら~仮設足場から高圧洗浄まで~スレート屋根にガルバリウム鋼板を被せるカバー工法を鹿児島市で着工!高圧洗浄が終わった次の日は工事をお休みいたします。しっかりと乾燥させるためでにお休...........

屋根リフォーム カバー工法

先日鹿児島市で行われました、屋根のカバー工法工事の様子をご紹介します。屋根点検を行った際にスレートの割れや欠けが多くあり、今回カバー工法を行うことになりました。

ガルバリウムクレーンあげ

本日はガルバリウム鋼板のカバーを行っていきます。ガルバリウム鋼板は陶器瓦などの瓦に比べ一枚一枚が大きく、人の手やはしごを使い屋根の上まであげることはできません。そのため、クレーン車を用いて屋根の上までガルバリウムを運んでいきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755