オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

セメント瓦屋根の雨漏れ補修工事を日置市日吉町にて行いました。


昨日「屋根からの雨漏れ補修工事」を行いました。

今回は部分補修ということで、一部瓦を撤去し、
下地の様子を確認しながら施工していきます。
瓦撤去の様子
雨漏れの原因と考えられる部分の瓦を撤去していきますが、
「ピンポイント」で撤去を行うのではなく少し大きめの範囲で撤去を行っていきます。

谷付近の防水シート部分が破れており、傷んでいるのがわかります。
この部分から内部に水を侵入させているのがわかります。
防水シートから新しく施工する必要がありますので、一度撤去を行っていきます。

雨漏れの原因箇所
防水シートの撤去を行った部分になりますが、
内部が腐食し、ぽっかり穴があいてしまっています。

ここから雨漏れしていたことがわかりますね。

雨漏れ補修 跡
腐食していた部分の撤去を行い新しい下地を施工していきます。

雨漏れの根元からしっかりと補修を行うことで、長持ちする屋根を作っていきます。

アスファルトルーフィング
下地の補修がおわると、しっかりと防水シートを施工していきます。

今回使用した防水シートは「アスファルトルーフィング」と呼ばれているものになり。
道路に使われているアスファルトが使われています。

ルーフィングについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ↓↓
瓦桟 施工
防水シートの施工が終わると瓦を固定していくための瓦桟の施工をしていきます。


内部補修跡
既存瓦を被せて完成です。

雨漏れ工事はいろいろな補修方法があります。
コーキングなどの補修工事は一時的なものに過ぎず、コーキングが切れると
再び雨漏れが発生してしまいます。

雨漏れを根からしっかり補修することで家本体が長持ちします。
雨漏れの事なら街の屋根やさん鹿児島店へお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟板金工事

鹿児島市の台風災害の現地調査の様子をご紹介します。今回の家は2階建てのコロニアルが施工されている屋根になります。屋根はなかなか確認ができずに見える発見が遅れてしまうこともあります。今回は板金が落ちている所を発見しました。

鹿児島市の塗装工事高圧洗浄の様子

先日の台風10号での屋根被害はまだまだお問い合わせが絶えませんが、同時に屋根の塗装工事も行っていきます。今回は平屋のコロニアル屋根を行っていきました。まずは高圧洗浄の様子をご紹介していきたいと思います。

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755