オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿児島市桜ケ丘でセメント瓦屋根の雨漏れ補修工事を行いました。


鹿児島市桜ケ丘で先日雨漏れの現地調査を行いましたが、
本日は補修の様子をご紹介していきます。

現地調査の様子は下にリンクがありますので是非参考にしてみて下さいね。

写真が遠くて見にくいですが、赤色の□枠の部分が
今回工事を行った部分です。
鹿児島市の雨漏れ 補修工事
緑色の部分が以前雨漏れ補修工事を行った部分です。

赤色の下の平の面の補修工事の様子をご紹介していきます。
鹿児島市の雨漏れ補修工事の様子
鹿児島市雨漏れ補修工事の様子
まずは瓦を外していきます。
瓦止めとして、コーキングがびっしりしてありますので、
このコーキングから剥がしていきます。
この付近の瓦を一定の範囲取り外していきますが、補修後
再び使用する瓦ですので、割れないように慎重に取り外していきます。
鹿児島市の雨漏れ補修工事の範囲
雨漏れ範囲の瓦を剥がしていきました。

防水シートの色が違う部分がありますが、
以前補修を行った部分の防水シートと一番初めの防水シートになります 。

もっと近くで見ていくと防水シートの劣化が分かります。
鹿児島市の雨漏れ原因防水シートの劣化
防水シートの破れ
防水シートがところどころ破れている部分がありました。
瓦桟のビスが剥がれている部分もありましたが、ビスのあとの穴が多きくなっている部分がありました。

余談ですが、鹿児島は桜島の火山灰が飛び瓦の下に灰が詰まっていることが多くありました。
特に桜ケ丘地区や西陵などは灰が特に詰まっていることが多いです。

鹿児島市の雨漏れ補修防水シート
鹿児島市桜ケ丘の雨漏れ補修工事
次に防水シートを貼っていきます。
今回使用した防水シートは改質アスファルトルーフィングと呼ばれる
防水性に優れているものを使用していきました。

また、今回行った防水シートは以前補修をした防水シートの下に入れ込み
立ち上げていきました。
防水シートを重ねることで雨が侵入したとしても防水シートの中に雨水が
侵入しません。ギリギリで施工してしまうと、隙間ができ水が侵入してしまう可能性があります。
鹿児島市の雨漏れ補修工事
防水シートが終わると、次に瓦を固定するための瓦桟を施工していきます。

鹿児島市桜ケ丘の雨漏れ補修工事
後はしっかり瓦を工程していく完成です。
しっかりコーキングで瓦止めを行っていきました。

この部分の雨漏れ補修工事は以上になります。
次回は棟部分の補修の様子をご紹介していきますのお楽しみに!

現地調査の様子

あわせて読みたい記事

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟板金工事

鹿児島市の台風災害の現地調査の様子をご紹介します。今回の家は2階建てのコロニアルが施工されている屋根になります。屋根はなかなか確認ができずに見える発見が遅れてしまうこともあります。今回は板金が落ちている所を発見しました。

鹿児島市の塗装工事高圧洗浄の様子

先日の台風10号での屋根被害はまだまだお問い合わせが絶えませんが、同時に屋根の塗装工事も行っていきます。今回は平屋のコロニアル屋根を行っていきました。まずは高圧洗浄の様子をご紹介していきたいと思います。

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755