オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿屋市東原町にて和型セメント瓦の部分葺き戻し・棟の積直しNo.2


 鹿屋市東原町にて和型セメント瓦の部分葺き戻し・棟の積直しを行った様子の続きご紹介いたします。
葺き戻しは既存の瓦を再利用し下地(傷み具合によって垂木、瓦座や広小舞などの細部、合板や野地板など)や下葺き材のルーフィングシート、瓦留めの桟木を交換する工法になります。
前回は既存の瓦を取り外し、屋根の上から降ろした所までご紹介しましたので、今回は既存の屋根下地を撤去し新しい物に取り換える準備からの様子をご紹介いたします。
葺き戻し 和型 セメント
 前回お見せできなかったのですが、桟瓦を外すと下葺き材のルーフィングがあります。O様邸のルーフィングは劣化が激しく所々裂けて穴が空いてしまっていました。これでは瓦の隙間から侵入した雨水が屋根裏へと入り込んでしまいますので、O様邸で葺き戻すきっかけとなった雨漏りはここが原因だと分かります。
葺き戻し 和型 セメント
葺き戻し 和型 セメント
 まずは瓦を留めている桟木を撤去していきます。それからルーフィングと瓦の隙間に溜まった火山灰を綺麗に掃きます。土嚢袋10袋分が溜まっていましたが、桜島の火山灰下降エリアの築年数が経っている住宅でしたら同じ量が溜まっていることは結構あります。それだけ溜まれば屋根への負荷や内部の水分の乾きにくさなどから劣化は早まりますので他の地域より早めにメンテナンスなり点検を行った方がいいのかと思われます。
葺き戻し 和型 セメント
 既存のルーフィングを葺き直す部分だけ切り取ってめくったら野地板が出てきますのでまた綺麗に掃除した後、途中で折れた釘やルーフィングを固定していたタッカーの針などを撤去していきます。これらが残っていると新しく張り替えたルーフィングを破いてしまったり、段差ができてしまい瓦がうまくかみ合わなくなってしまうことがあります。野地板に関してはあまり傷みがなく既存のままで支障がないと判断したためそのまま残しておきます。


 今回は既存の屋根下地を撤去する所までしかご紹介できませんでしたが、また次回のブログで続きをご紹介いたします。
次回は新しいルーフィングと瓦桟、瓦座の取り付けからご紹介いたします。

              前回のブログ☚こちら
              次回のブログ☚こちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊集院町にてスレート屋根の補修工事を行い雨漏りがストップしました。

スレート屋根の雨漏り
雨漏り補修工事 スレート葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート 改質アスファルトルーフィング
築年数
築40年程度
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り部分補修工事と屋根外壁塗装工事を日置市にて行いました。

屋根工事前
工事後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
エスケープレミアムシリーズ
築年数
20年程度
建坪
40坪程度
保証
屋根:3年 外壁10年
工事費用
130万~150万
施工事例

姶良市にて玄関天井からの雨漏り補修工事を行いました。

雨漏れ発生部分
補修工事 完成写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
板金・瓦
築年数
約50年
建坪
28坪
保証
工事費用
12万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

台風災害見つけた板金

鹿児島市にて屋根の現地調査に回っております。今回の台風は風が強く、スレートが飛ばされてしまったり板金が外れてしまったりなどの被害が多く発生したようです。スレートが落ちていたので自分の家なのかお隣の家なのか、近隣で同じ屋根材を使用している方も...........

台風10号 屋根の被害

台風10号が過ぎ去り屋根の補修工事の増えております。街の屋根やさん鹿児島店でも各担当順番に連絡、お伺いしておりますので順番にお伺いさせて頂いておりますので今しばらくお待ちくださいませ。今回は昨日お伺いした、台風10号で被害があった屋根の現地...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755