オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿屋市東原町にてセメント瓦屋根の谷樋交換 No.2


 鹿屋市東原町にてセメント瓦屋根の谷樋交換を行った様子の続きをご紹介いたします。
谷樋は瓦の流れが異なった二つの勾配屋根が合流し、瓦に溝が出来る個所に施す防水の部分です。銅板のものがよく使われていましたが今はガルバリウム鋼板やステンレスが多く使われています。
谷樋は二つの勾配屋根の合流地点になるので、雨水の水量も自ずと増えますので雨漏りなども多く発生しやすい個所となります。

前回瓦を一度取り除いて下地や谷樋を撤去した所までご紹介いたしましたので、今回は新しい下地や谷樋に交換し、瓦を葺き戻していく様子をご紹介します。
谷樋 交換 セメント瓦
谷樋 交換 セメント瓦
 桟木やルーフィングを撤去したら野地板が出てきます。今回は野地板自体の傷みはさほどありませんでしたのでそのまま既存を利用します。砂や屑を綺麗に掃除し、釘やタッカーの刃が出てたり残って無いように取り除いたら新しいルーフィングを張っていきます。今回は二重張りしますので一枚目にアスファルトルーフィングを張っていきます。
谷樋 交換 セメント瓦
谷樋 交換 セメント瓦
 二枚目に改質アスファルトルーフィングを張ります。アスファルトルーフィングに合成ゴムや合成樹脂などを混ぜ込んであり、耐久性が向上しています。ルーフィングは二次防水と言われ、瓦の隙間や劣化部分から侵入した雨水を食い止めますので二重張りにすることでより強固な防水になります。
谷樋 交換 セメント瓦
 谷樋を取り付けていきます。谷の中心を通り、しっかり軒先の横樋に流れるように加工します。今回は耐久性が相互的に高いガルバリウム鋼板を使っています。
端の方は防水テープを張り、雨水の侵入を防ぎます。
谷樋 交換 セメント瓦
 桟木をうっていきます。瓦の働き長さに合わせて墨をうち、垂木のある個所に釘固定します。
谷樋 交換 セメント瓦
谷樋 交換 セメント瓦
 一度仮置きしていた桟瓦を葺き戻していきます。谷の面戸は既存はモルタルで埋めてありましたが、面戸をモルタルや漆喰で埋めてしまうと内部の湿気が逃げず、内部の環境によくありませんので最近では何も詰めない工法が認知されています。今回は面戸用のスポンジを使用していきます。
谷樋 交換 セメント瓦
谷樋 交換 セメント瓦
 棟を積み直します。割れてしまって新しく変えた素瓦を塗装していき完了になります。今回は谷樋に棟がかかっていましたので通常より工程が多いですが通常でもとても難しい工事です。とくにガルバリウム鋼板は扱いが難しいですし、谷部は複雑で繊細な個所ですので異常を見つけたら必ず専門の業者に依頼しましょう。


                前回のブログはこちら

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊集院町にてスレート屋根の補修工事を行い雨漏りがストップしました。

スレート屋根の雨漏り
雨漏り補修工事 スレート葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート 改質アスファルトルーフィング
築年数
築40年程度
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り部分補修工事と屋根外壁塗装工事を日置市にて行いました。

屋根工事前
工事後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
エスケープレミアムシリーズ
築年数
20年程度
建坪
40坪程度
保証
屋根:3年 外壁10年
工事費用
130万~150万
施工事例

姶良市にて玄関天井からの雨漏り補修工事を行いました。

雨漏れ発生部分
補修工事 完成写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
板金・瓦
築年数
約50年
建坪
28坪
保証
工事費用
12万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根・外壁の現地調査

先日鹿児島市で外壁・屋根の現地調査を行いましたので傷みがあった部分の様子をご紹介していきたいと思います。もし、同じような痛みがあれば外装の工事を検討する時期に差し掛かっています。是非参考にしてみて下さいね。まずは全体の様子です。

鹿児島市で屋根塗装前の調査

先日鹿児島市で屋根の塗装工事前の現地調査を行いましたので調査中の様子をご紹介していきたいと思います。今回点検を行った家はこちらの屋根になります。2階建ての家で、1階部分2階部分ともに屋根がありますね。

鹿児島市雨漏れ補修工事

先日雨漏れが発生し現地調査を行いましたお客様の工事を行いましたので、工事の様子をご紹介していきたいと思います。板金部分の屋根の工事の様子からご紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755