オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿児島でよく使われているおススメの雨樋の形状は?


20年30年と家を建て経過すると、いろいろなところに傷みが出てきますね。
今回紹介する雨樋も、傷みが目立ってくるものの一つです。

屋根の調査に行くことがほとんどですが、その際に雨樋も
確認しますが、割れが起っていたり、歪んだ曲がったりなど、多々見られます。

雨樋を取り付ける際にどんな形のものがあり、どんな材質のものがあるのか
気になるところではないでしょうか。
同じ雨樋でも形状が変わることによって、性質も変わってきます。
本日は雨樋の形についてお話していきます。

雨樋の名前2
半丸の形状は一番よくみる形ではないでしょうか。
最近のの家より、築20年以上の家によく見られる形状です。

よく見られる形状のため、品揃えも豊富でカラーバリエーションも
他のものに比べて豊富です。

雨樋の中でも比較的安価なため、金額にご満足いただける方も多いいです。
雨樋割れ
築10年前後の家でよく見られ、新築の際も取り付けられているものがおいいですね。

角型はスタイリッシュなデザインで人気があるまりつつ集まっています。
また、半丸のものより、水の入る量が多いいため、降水量の多いい地域は
特におすすめです。
他にも、雪をなるべく避けるためのものなど、一風変わった形のものもあります。
鹿児島では、ほとんどがこの二つになります。
穴土井を決めるときにぜひ参考にしてみてください。

雨樋に関する記事↓↓
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755