屋根からの雨漏原因はどんなケースが考えられるのでしょうか。


住み続けて20年・30年経つとどうしても家のメンテナンスを
行い始める方が多いいのではないでしょうか。

そんな中で、雨漏れが発生し始めてしまうことも多々あります。

なぜ雨漏れが発生してしまうのか、
屋根からのあま漏れの原因でよくみられるケース
をピックアップしていきたいと思います。
屋根の雨漏れの下地状態
屋根材の下には防水シートであるルーフィングが張られています。
通常は、屋根材の下に水が侵入してしまったとしても、ルーフィングが機能していれば
ルーフィングの上をながれ落ちていくため雨漏れは侵入いたしません。
しかし、その防水シートが傷んでしまうと、内部に水が侵入してしまい、
下地まで水が侵入し
雨漏れが発生してしまいます。

参考記事

雨樋
「雨樋から雨漏れが発生するの?」と不思議に思いますが、
実は雨漏れが発生してしまう可能性があります。
雨樋の歪みや割れによって軒先部分が傷み雨漏れに繋がってしまうのです。

太陽光を設置することにより、雨漏れが発生してしまう場合があります。
この場合は太陽光の設置の方法に問題がある場合です。
太陽光の設置の仕方はいくつかありあますが、その多くは施工業者の技術不足
が原因ということが多いいでしょう。
しかし、しっかり施工できるかなどは工事を行わないとわからないものですよね。
そこで、雨漏れが発生しないような施工をしてもらえるか、見極めるものとして、
・保証有無の確認 ( 保証内容 )
・設置してすぐ雨漏れが発生した場合についての責任の所在
・施工の仕方が納得できるものなのか
・過去の実績の確認
など確認してみると良いのではないでしょうか。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755