オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根で使う「コーキング」の役割や種類、費用、ポイントを知ろう


コーキング補修工事

屋根の補修によく使われるのが、「コーキング」という耐水性のある補修材です。

コーキングは接着剤としての使い方以外にも、様々な用途があります。


この記事ではコーキングの役割や補修方法、施工にかかる費用相場を解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

屋根で使うコーキングとは?

コーキング補修工事

屋根に使うコーキング材とは、ウレタンやシリコンなどで作る、弾力性と耐水性に優れた補修材のことです。


コーキングの役割や種類、「シーリング」と「コーキング」の違いを以下で解説します。

コーキングの役割


屋根で使うコーキングは、屋根材を固定するための接着剤としての目的と、ひび割れや隙間を埋めて雨漏りを防ぐ役割があります。


弾力性があるため、地震の揺れや強風に耐える緩衝材としての役割もあります。

シーリングとコーキングの違い

シーリングとコーキングの違いは、呼び名が異なるだけでどちらも同じ製品として扱われます。

かつては別のものでしたが、現在の製品に違いはありません。

コーキングの種類

コーキングは樹脂で作る製品で、主に4種類があります。


  • ウレタン

  • シリコン

  • 変成シリコン

  • アクリル


「ウレタン系コーキング」は耐久性と密着性が高いのが特徴です。

ただし、耐候性が低く、紫外線に弱いため塗装による保護が必須となります。


「シリコン系コーキング」は耐熱性・耐候性・耐水性に優れているのが特徴です。

ただし、硬化すると塗料をはじくため、特殊な下塗り剤を使わなければ塗装をおこなうことができません。


「変成シリコン系コーキング」はウレタン樹脂を原料にしており、耐候性に優れています。

硬化後に塗装をおこなうことができます


「アクリル系コーキング」は水性のため使いやすい点が特徴です。

硬化後に肉やせしやすいため、耐久性と耐候性は他のコーキングより劣ります。


1液型

コーキングには「1液型」と「2液型」があります。

1液型は単体で使用できますが、2液型は2つの材料を混ぜて使用します。


1液型のメリットは、密封しておけば翌日でも使用可能なことです。

デメリットは、内容量が少ないためコーキングガンにセットする材料の交換が頻繁に必要なことです。


2液型

2液型のメリットは、耐久性が高いため様々な場所に使用できることです。

また、一度にたくさん作れるので、広範囲の作業にも向いています。


デメリットは、一度混ぜ合わせると保管がきかないため、使用量を計算する必要があることです。

屋根をコーキングで補修する場合の費用相場

屋根コーキング補修の費用

コーキングを使った屋根の補修方法は下記の2つがあります。


  • ひび割れの補修

  • 目地の補修


それぞれの補修方法と費用相場を以下で解説します。

屋根のひび割れや瓦のズレを放置すると雨水が侵入するため、コーキングを充填して対策をします。

ひび割れの補修にかかる費用相場は1~3万円です。

「目地」とはタイルやサイディングの継ぎ目を指します。

目地の補修には「増し打ち」と「打ち替え」と呼ばれる施工方法があります。


「増し打ち」は既存のコーキングの上からコーキングをおこないます。

「打ち替え」は既存のコーキングを撤去して新しくコーキングをおこなう施工方法です。


費用相場は、増し打ちが1mあたり500~900円打ち替えが1mあたり900~1200円です。

また、打ち替えの場合の既存コーキングを撤去する費用は1~3万円かかります。

屋根をコーキングで補修するポイント

コーキング補修工事のポイント

屋根をコーキングで補修する際のポイントが4つあります。


  • DIYは失敗しやすいため業者に依頼する

  • 費用を安く抑えるために自社施工ができる会社に依頼する

  • 重度のひび割れや破損は部材の交換が必要

  • 雨漏りはコーキングだけでは補修できない


上記4つのポイントを以下で解説します。

DIYは失敗しやすいため業者に依頼が最適

DIYでコーキングをおこなうと失敗しやすいのでおすすめしません。

隙間に十分に充填できず、塞いではいけない隙間を埋めてしまって雨漏りしたり、硬化後に肉やせが起きたりするためです。


失敗すると費用も手間も余計にかかってしまうので、確実性を求めるなら業者に依頼しましょう。

自社施工の会社に依頼すると費用が安い

自社施工ができない会社は下請け業者に工事を依頼するので、工事費のほかに仲介料がかかります。


自社施工のできる会社は工事費のみで仲介料がかからないため、費用を安く抑えることができます。

重度のひび割れや破損は部材の交換が必要

重度のひび割れや破損はコーキングで補修できず、部材の交換が必要になります。

例としては、「雨どいの破損」や「瓦の割れ」などです。


屋根材の経年劣化による破損もコーキングでは補修できないため、「カバー工法」や「葺き替え」といった別の工事方法が必要になります。


雨漏りはコーキングだけでは補修できない

雨漏りはコーキングで完全に補修することができません。

雨漏りする隙間を一時的に埋めることは可能です。


しかし、あくまでも応急処置のため、専門業者に相談してしかるべき補修をおこなう必要があります。

まとめ:屋根の補修はコーキングだけではない

コーキング補修工事の様子

屋根の補修はコーキング以外に、塗装や部材の交換が伴うケースが多いため、DIYではなく専門業者に依頼しましょう。


屋根全体が劣化している場合は、塗り替えやカバー工法、葺き替えが必要となります。


屋根修理で火災保険を使うと費用が安くなります。
具体的な方法などは、
でご確認ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755