オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

2、3回目の塗装工事を検討中の方へ~屋根の塗装工事は何回まで?~


家を建てられて20年30年と経過すると再び塗装工事を行う時期か。
と考える方も多いいのではないでしょうか。

でも本当に塗装工事でいいのでしょうか。
何度も何度も塗膜を付けてもいいのでしょうか。


屋根のメンテナンス塗装工事とは

鹿児島市 セメント屋根塗装工事
そもそも塗装工事とは??という方のために簡単にご紹介させて頂きます!

屋根塗装工事とは「屋根材に塗料を塗り、表面を守り屋根材の経年劣化を最小限に抑えるため」に行う
メンテナンスになります。

10年に1度のペースで行うことが多いいですが、製品や前回の塗料によってもペースは変わってきますので
注意が必要でです。
屋根のメンテンナンスで1番オーソドックスなメンテンナンスではないでしょうか。

スレート屋根の塗装工事

鹿児島市 屋根塗装工事
スレート屋根の塗装工事は実は屋根のリフォームは20年に1度で推奨されています。
そのため、推奨されているのは10年目に塗装工事20年目には葺き替え工事が推奨されているということですね。


コロニアル屋根 10年経過
スレート屋根は見ていただくと分かるようにとてもとても薄い屋根材になります。

長い年月をかけて紫外線を受け、雨や強風と戦っています。するとコロニアとコロニアルの隙間から
風が入り込んで、スレートが浮いてきてしまったり、反ってきてしまうことがあります。

浮いてしまったり、沿ってしまったりするとなぜいけないのか・・・。
それは内部に水を侵入させてしまうと、雨が降ったときに内部に雨水が侵入し防水シートの
劣化を促進させ防水シートが機能を果たさなくなってしまいます。
そうすると建物内部に侵入し、雨漏れが発生してしまったり、躯体を傷めてしまい建物自体寿命が
短くなってしまいます。

長く住みたい。子供に残したい。そんな方はスレート屋根は早めに次のメンテナンスにチェンジしていきましょう。
①カバー工法
②葺き替え工事
ガルバリウム鋼板 施工
カバー工法
瓦を固定していく 
葺き替え工事
塗装工事ではなく、別なめんてナンスを行う場合スレート屋根は2つの方法があります。

①まず1つ目にカバー工法です。
カバー工法は既存の屋根の上にそのまま防水シートを貼ってガルバリウム鋼板を被せていく工法になります。
既存屋根の撤去を行う必要がありませんので騒音の心配もいりません。
スレート屋根だからこそできる工法になります。

②次に屋根の葺き替え工事です。
屋根の葺き替え工事はカバー工法と違い、一度スレートをはがし下地から新しくする工法になります。
新しくなりますので、どのような屋根材にも変更可能です。

セメント瓦の塗装工事

セメント屋根吹付塗装の様子
セメント瓦の塗装工事は3回が限度ではないでしょうか。

セメント瓦の寿命は「30年~40年」と言われております。
そのため、10年に1度と考えると3回が限度になります。



セメント屋根はコロニアル屋根と違い分厚く、浮いてきたり反ってきたりすることはありません。
そのため、コロニアルより葺き替えを行うスパンは短くて済みます。

塗装は何度も行へば永遠に大丈夫!と思っていては大間違いです。

桟木印付け
セメント屋根の場合は葺き替え工事を行うことをオススメします。

残念ながらスレート屋根で紹介したカバー工法を行うことできません。

セメント屋根はスレートの何倍も分厚いためさらに被せることはできず、一度剥がしていかなくてはいけません。
葺き替え工事ですので、新しい屋根材ならばどのような屋根材でも使用することができます。


まとめ

陶器瓦
屋根材としてのメンテナンスは塗装工事が一般的で主流となっていますが、
実際のところ塗装工事は1つの屋根につき1回から多くても3回が限度になります。

塗装を何度も行えば永遠にリフォームしなくてもよいというわけではありませんのでご注意です。

あわせて読みたい記事

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755