オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天窓を取り付けている屋根の暑さ対策とは


屋根の調査や工事を行い、いままで多くの屋根がありましたが、
中には天窓がついている屋根も多くありました。

そんな天窓を取り付けている家庭に聞いたところ
「暑い」という悩みが多くどうにかならないものか。
と相談されることも少なくありません。

今回は天窓の暑さ対策についてご紹介していきたいと思います。

天窓の役割とは

天窓とは
天窓とは日差しを室内にいれて明るくし、開放感もあるため
家を建てるなら必ず搭載したい!
という方も少なくありません。

更に防犯性も高く、壁に取り付ける窓にくらべ3倍の遮光効果が
あるともいわれており、天窓はトップライトともいわれております。

また開閉式のものは通気を確保することもできます。

暑さ対策

対策1:カーテンの取付

まず1つ目にカーテンを取り付けることで暑さ対策を行うことができます。
一番オーソドックスな方法ですね。

カーテンにもいろいろな種類がありそれぞれ効果も違います。
目線の調節ができるものや冬の保温まで考えたものもあります。

沢山の種類がございますのでもしカーテンを取り付けたいという方は
お気軽にお問い合わせください。
次にフィルム(ネット)を貼ることです。
遮熱性のフィルムやネットを貼ることで軽減することができます。

楽天市場やアマゾンなどのネット通販などにも取り扱いがあります。


カーテンの取付やフィルムの取付をご紹介しましたが、
一番大掛かりなものとしては、天窓自体の交換や
天窓を撤去して塞いでしまうことも可能です。

遮光性は低下してしまいますが、夏の暑さが一番低減するのは
塞ぐことです。

外の熱は窓からの侵入が6割を占めています。
窓を防ぐことでエアコンの効きもよくなり省エネ効果にもつながりますね。

天窓のデメリット

天窓のデメリット
1つだけ注意していただきたいのは雨漏れです。

暑さとは関係ありませんが、天窓からの雨漏れの確立は高く
定期的に点検をする必要があります。

天窓を取り付けている方は雨漏れには気を付けて下さいね。

まとめ

天窓のリフォーム
天窓からの夏の暑さ対策をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

年々外気温は上昇し、熱中症が心配されております。
室内での熱中症を少しでも低減するためにも天窓の暑さ対策は今では
必須事項ですね。

暑さを感じたら、早めに対処して省エネにも心がけたいですね。


あわせて読みたい記事

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755