オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根瓦で人気の色は?色選びのコツや熱の吸収効果もチェック


セメント瓦 谷部分の様子

瓦の色を意識したことはありますか?

 

瓦の色で外壁を際立たせることもあります。

青色の綺麗な日本瓦を見ると、良いアクセントになっている家も多いです。

 

昨今は航空写真やドローンを飛ばして、簡単に瓦を見られるようになりました。

簡単に見られる今だからこそ、美観を損ねないように気をつけたいです。

 

この記事では下記の内容についてお話いたします。

 

  • 屋根瓦で人気の色とは?
  • 屋根瓦の色を選ぶコツ

 

記事を読めば瓦の色選びで迷うことがなくなるでしょう。

屋根瓦で人気の色とは?

鹿児島市 屋根調査の様子

家の顔と言っても過言ではない屋根瓦は、色選びで絶対に失敗したくない部位です。

この色さえ選んでおけば失敗しない人気の色を紹介します。

グレー色

オススメはグレー色です。

外壁との合わせやすさと、熱の反射率が良いです。

 

外壁で多い色として白や黒、ベージュ、茶色などがありますが、グレーの瓦はどの外壁色とも合います。

 

白や黒、グレーは「モノトーン」と呼ばれる「無彩色」です。

色彩的に見ても、無彩色は外れがなく失敗しない色です。

 

グレーの熱の反射率も良いです。

熱の反射率については、後ほどご説明します。

黒色

続いて人気なのが黒色です。

グレーよりも濃い色なので家全体が引きしまって見えます。

 

特に男性に人気があると考えられます。

デメリットは熱の反射率が悪いことです。

オレンジ色

意外と人気があるのはオレンジ色です。

オレンジの瓦にすると、おしゃれな洋風の家になります。

 

オレンジ色は暖色系の明るい色なので、家全体が明るく仕上がるでしょう。

特に女性に人気があると考えられます。

 

デメリットは、外壁の色に合わせにくい点です。

屋根瓦の色を選ぶコツ

瓦3

屋根瓦の選び方は、新築で建てるのか、リフォームで葺き替えるのかで変わります。

周りの家を見て自分の好みを探すのが良いでしょう。

 

自分の好みを知ることで、色選びの時間を短縮できます。

色合いに関しては、後述している「相性が良い色」をご覧ください。

 

新築であれば、外壁の色も自分で選択できるので簡単です。

オーソドックスにするか、個性を出してオリジナル性を出すか決めておきましょう。

リフォームなら、既存の外壁の色との相性を意識しながら決めないといけません。

 

屋根の葺き替えには、足場工事が必須なので、同時に外壁塗装をしてしまうのも良いでしょう。

外壁塗装が入ると、色の選択幅が格段に増えます。

外壁との相性を見極める

外壁と屋根の色の相性を知っておくことが重要です。

相性を知っておけばバランスが取れた住宅を実現できるでしょう。

「無彩色」は外壁と合わせやすいです。

さらに汚れが目立ちにくく、原色よりも色あせする期間が長いです。

「瓦」グレー×「外壁」アイボリー

この組み合わせが、一番無難で身近に多いです。

周りの家とも協調性があり、劣化がしにくく、熱の反射率も良いです。

 

グレー色が黒色になっても色のバランスに問題はありません。

アイボリーも無彩色なので、多くの色にマッチします。

 

「瓦」オレンジ色×「外壁」オレンジ色

瓦も外壁もオレンジ色なのかと、思われた方も多いでしょう。

 

正確には、以下の違いがあります。

 

  • 「瓦」は濃いオレンジ色
  • 「外壁」は薄いオレンジ色です。

 

瓦の部分が濃い方が、バランスが良いからです。

 

また、外壁にアクセントを入れる方法もあります。

「瓦」グレー色×「外壁」アイボリーに対して、外壁の一面だけ黒系統を混ぜるのもおしゃれになるでしょう。

 

注意したいのが、複数色をアクセントで入れないことです。

統一感がなくなり、見栄えが悪い家になるので気をつけましょう。

 

その他に失敗しにくい組み合わせは以下があります。

 

  • 「瓦」青色×「外壁」白色
  • 「瓦」青色×「外壁」水色
  • 「瓦」茶色×「外壁」ベージュ
  • 「瓦」オレンジ色×「外壁」ベージュ

 

施工する業者によっては、カラーサンプルを出してもらえます。

サンプルを確認して慎重に色選びを行いましょう。

 

また、小さいカラーサンプルで見たのと、大きいカラーサンプルで見たのでは、見え方が変わります。

 

小さいサンプルだと、色が濃く見えます。

一方で、大きいサンプルだと、色が薄く見えます。

 

上記をしっかり認識した上で、色を選べば失敗を避けやすくなるでしょう。

熱を吸収しにくい色を選ぶ

太陽の日差しで熱を一番吸収するのが黒色です。

日差しの反射率が低く、熱をもちやすいでしょう。

 

黒色は家全体を、引き締まった状態にさせます。

また汚れも目立ちにくいです。

一方で、日差しの反射率が低いので、熱を吸収しやすいです。

 

白色は清潔感があり、家全体が明るく見えます。

太陽光の反射率が高いので、熱は吸収しにくいです。

一方で、汚れが目立ちやすいです。

 

黒色と白色の中間であるグレーなら、両方の良さを兼ねそろえています。

風水もチェックする

風水とは、物の位置や色で気の流れを良い方向に、変えるという思想です。

風水の観点から、白や黒、グレーに対する考え方を以下では説明します。

 

白色には、「白紙に戻す」という言葉もあるくらいなので、1度リセットするという意味があります。

気分を新しくしたいときにも有効です。

 

黒色は「他人との距離を置く」という意味があります。

マイナスなイメージもありますが、他人と自分との距離を保ちやすい色です。

 

グレー色は「リラックス効果」があります。

控えめな色で、なおかつ協調性があります。

 

風水は昔から親しまれており、色選びに迷った際に後押ししてくれるでしょう。

まとめ:瓦は外壁との相性や熱の吸収率を考えよう

鹿児島市屋根塗装と外壁塗装一緒にするのかまとめ

瓦を選ぶ際は、外壁色とのバランスや、熱の吸収率が低い色にすることを意識しましょう。

基本的にはグレーを選べば間違いはありません。

 

瓦の工事は30年以上しないため、色選びは慎重にすることをオススメします。

 

また、瓦のメンテナンス方法や費用は「瓦屋根をメンテナンスする時期や費用、注意点をチェック!」を読めばわかるようになります。

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755