オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏り部分補修工事と屋根外壁塗装工事を日置市にて行いました。


工事のきっかけ

屋根・外壁の傷みが目立ってきたため

日置市 屋根補修工事,雨漏り修理,外壁塗装,屋根塗装

ビフォーアフター

before
屋根工事前
horizontal
after
工事後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨漏り修理,外壁塗装,屋根塗装
施工期間
3週間
使用材料
エスケープレミアムシリーズ
施工内容その他
築年数
20年程度
保証年数
屋根:3年 外壁10年
工事費用
130万~150万
建坪
40坪程度
ハウスメーカー

現場の調査の様子

5月中旬外壁の塗装ということでお家の調査を行うことになりました。

二階建ての40坪ほどの大きな平屋になります。
屋根はセメント瓦が使われており、外壁には窯業サイディングが使われております。


瓦本体に関しては多少の褪色や雨跡は見られますが、
葺き替えが必要なほど傷みが出ているわけではありません。

セメント瓦はセメントと砂を主原料としており
気温の変化に強く耐火性遮音性に優れている瓦となりますが、
水を弾く力は兼ね備えていないため、定期的なメンテナンスが必要となります。
塗装の時期に差しっかかっていますね。
窯業サイディング 外壁
外壁全体図
チョーキング現象
チョーキング現象
外壁は窯業サイディングになりまが、セメントと石膏などを主成分にし、
一般住宅でも最も使用されている基材に吸収性があるのが特徴になります。

全体的な傷みとして褪色が目立ちます。
手で触ると白い粉がでるチョーキング現象と呼ばれる塗膜の傷みが発生しております。

外壁が傷んでいる際に誰でも簡単にわかる一つのポイントになりますので是非見てみてくださいね。

6bc80e93ed76c4eb8baf01cffaaf62af-columns1
サイディングボードの際に重要になるのがこの「シーリング」と呼ばれる部分です。
シーリングは家の角部分やボードとボードの隙間の部分サッシの回りなどに使われています。

写真を見てわかる通り、シーリング部分がボロボロになってしまっていますね。
このような状態を放置しておくと内部に水をすぐ侵入させ躯体を傷めてしまいます。


実際の工事の様子

現地調査の際に「雨漏り」が起っているということで雨漏れ点検を行ない
補修工事をすることになりました。
瓦撤去の様子
屋根の補修工事、屋根材撤去の様子です。

板金付近の防水シートが傷んでいるのがわかります。

防水シートをめくってみましょう。
雨漏れの原因箇所
防水シートをめくった状態です。
内部に水が侵入し木が腐食しているのがわかります。

この部分から内部に水を侵入させ躯体を腐食させ室内に水が入ってくる原因にになっています。
雨漏れ補修 跡
腐食していた部分をすべて撤去し、
新しい下地を施工していきました。


瓦桟施工
下地の補修を行うと、アスファルトルーフィング(防水シート)を施工し瓦桟を行い、屋根材を被せて完成です。




雨漏れの補修工事は侵入口をコーキング補修しか行わない会社も多くいらっしゃいます。

しかし、コーキングは消耗品です。必ずコーキングが切れ再び雨漏れが発生します。
また、侵入口は一カ所とは限らずいくつかあることがほとんどです。

コーキング補修は一時的なものに過ぎません。
出来るだけ家を長持ちさせたいという方はコーキング補修はおススメできません。

街の屋根やさん鹿児島店ではしっかりと雨漏れの根っこから補修を行い雨漏れの発生を防ぎます。

塗装工事

塗装工事 着工
屋根の補修工事が終わるといよいよ塗装工事になります。

まずはしっかりと高圧洗浄で家についている「埃や汚れ」を洗い流していきます。
高圧洗浄を行うことで、塗膜の密着を高めることができます。

高圧洗浄を行うときはメッシュシートを貼り近隣の皆様へ
水が飛散しないように防止していきます。


塗装 下地調整
プライマー
コーキング補修
充填
コーキング補修工事
抑え込み
洗浄が終わると、養生や下地調整を行っていきます。

養生とは、「ビニールやマスキングテープ」を使用して窓や玄関など、
塗装を行わない部分に塗料が付かないように、シートを貼り守っていきます。

下地調整は縦目地やサッシの廻りに入っている部分のシーリング補修を行っていきます。
物件によっては壁にクラックが入っており、補修を行う方もいますが、そのような場合も
この段階で補修を行います。

縦目地のシーリングは一度既存のシーリングを撤去してから新しいいシーリングを行っていきます。
縦目地補修の順番としては大まかに「撤去→マスキングテープ→プライマー→充填→抑え込み→マスキング撤去」
になります。

コーキングは窓廻りやボードとボードの隙間に入っているため、雨の侵入を防ぐためにはとても重要な部分になります。


塗装工事 下塗り
下塗り
塗装工事 中塗り
中塗り
塗装工事 上塗り
上塗り
ここまで終わると、いよいよ塗装を行っていきます。

「下塗り→中塗り→上塗り」の番で塗り重ねていきます。

塗装の質のをしっかりと発揮させるために乾燥時間はもちろんのこと気温や工法をしっかりと
守りながら、施工を行っていきます。
屋根塗装工事 下塗り
下塗り
屋根塗装工事 2回目塗装
中塗り
屋根上塗り 塗装
上塗り
外壁塗装と同じように屋根の塗装も同時に行っていきます。

今回使用した屋根の塗料は「エスケー化研 プレミアムルーフ」を使用していきました。

この屋根用塗料は最新技術が組み込まれており、屋根の劣化原因である紫外線の影響を抑制してくれる
力をもっています。

屋根は「雨ざらし日ざらし」のため外壁などに比べても劣化の進行が速いため、
外壁に比べてワンランク上の塗料を使用することをオススメします。


最後に付帯部塗装を行い仕上げていくと完成です。

足場を解体し、お客様と塗り残しがないか解体の際傷がついていないか
しっかりと最終確認をお行い、お引渡しとなります。


完成も満足していただけて良かったです。

屋根の雨漏り工事や塗装工事お家のことなら街の屋根やさん鹿児島店へ
お気軽にご連絡ください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊集院町にてスレート屋根の補修工事を行い雨漏りがストップしました。

スレート屋根の雨漏り
雨漏り補修工事 スレート葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート 改質アスファルトルーフィング
築年数
築40年程度
建坪
保証
工事費用
施工事例

姶良市にて玄関天井からの雨漏り補修工事を行いました。

雨漏れ発生部分
補修工事 完成写真
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
板金・瓦
築年数
約50年
建坪
28坪
保証
工事費用
12万
施工事例

玄関ポーチ屋根からの雨漏れ補修工事を鹿児島市にて行いました。

既存状況
S_8038741682578
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約築30年
建坪
保証
工事費用
10万~20万

同じ地域の施工事例

施工事例

伊集院町にてスレート屋根の補修工事を行い雨漏りがストップしました。

スレート屋根の雨漏り
雨漏り補修工事 スレート葺き
工事内容
屋根補修工事
使用素材
スレート 改質アスファルトルーフィング
築年数
築40年程度
建坪
保証
工事費用
施工事例

日置市日吉町で軒裏の木塗装を行いました。

IMG_0960
20180630_164201
工事内容
屋根補修工事
使用素材
VATON 木部用塗料
築年数
約30年
建坪
55坪
保証
工事費用
15万~25万
施工事例

日置市伊集院町で屋根カバー工法と外壁塗装を行いました。

5489654-2-1
完工写真
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
10年前後
建坪
保証
工事費用
200万~250万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風災害棟状況

鹿児島市にて屋根の台風災害が発生しており、順番に点検を行っております。今回はアパートの屋根のスレートになります。1回は駐車場、2階が住居という形です。こちらが外れていた屋根の板金になります。

台風災害見つけた板金

鹿児島市にて屋根の現地調査に回っております。今回の台風は風が強く、スレートが飛ばされてしまったり板金が外れてしまったりなどの被害が多く発生したようです。スレートが落ちていたので自分の家なのかお隣の家なのか、近隣で同じ屋根材を使用している方も...........

台風10号 屋根の被害

台風10号が過ぎ去り屋根の補修工事の増えております。街の屋根やさん鹿児島店でも各担当順番に連絡、お伺いしておりますので順番にお伺いさせて頂いておりますので今しばらくお待ちくださいませ。今回は昨日お伺いした、台風10号で被害があった屋根の現地...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755