オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

壊れた雨樋を自分で修繕することは可能なのか


どのような家にも「雨樋」1つはついているのではないでしょうか。
あまり重視されない方も多いですが、建物にとって欠かせない大切な一部です。

雨樋が上手く機能していないと水が流れず、近隣に迷惑をかけたり場合によっては
地盤が悪くなることもあります。
そのため、雨樋の不具合を発見したらしっかりと修繕が必要です。

今回は雨樋の修繕は自分でできるのか、または業者に頼んだ方が良いのかお伝えしたいと思います。

雨樋の破損自分でも修繕可能な場合

火山灰と葉っぱと雨樋
まずは雨樋に草などが詰まってしまい、雨水が上手に流れなくなってしまった場合です。

この場合は一般の方でも修繕可能です。
脚立などを用いて小さな刷毛で草木を集めて取り除いたり、
ホースを使用しきれいに洗い流していきます。

水圧である程度は流すことができますが、あまりにも草木がある場合は取り除いてから
ホースで流すようにしましょう。
次に部分的なひび割れや割れ・穴あきに関してです。

小さなものの場合はDIYでの修繕が可能です。
大きいものになると、取替が必要になりますので、自分での修繕は難しいかもしれません。

小さなものはホームセンターなどに販売している防水テープ(補修テープ)を貼ることで
応急処置になります。

自分での修繕が難しい場合

屋根現地調査の様子
次に雨樋の蛇行です。これは自分での修繕は少しハードルが高く難しいです。

少し変形している程度の場合は少し手で曲げてあげると直る場合はありますが、
蛇行している場合はふにゃふにゃに曲がっているので戻すことは難しく取替を行う必要があります。

正しく取り付けるにはプロに頼んだ方が確実です。
間違えて取り付けてしまうと、うまく雨樋に水が入らないこともあります。
次に2階屋根の雨樋の修繕を行う場合です。

1階部分の2倍ほどの高さがある2階部分の雨樋修繕は危険ですのでできることならば
業者の方に依頼することをオススメします。


まとめ

竪樋 施工前
雨樋の修繕についてはいかがでしたでしょうか。


雨樋はなかなか目が行き届きにくい場所ですが、定期的にメンテナンスを
行うことをオススメします。

街の屋根やさん鹿児島店でも雨樋の修繕や清掃を承っておりますので
お気軽にご相談ください。

ありがとうございました。

あわせて読みたい記事

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら鹿児島店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-867-755